利息制限法の上限を超えた過払い金返還請求について

スポンサードリンク

利息制限法の上限を超えた過払い金返還請求について

金銭の貸し借りを行った場合、
利息が発生しますが、この利息が
利息制限法という法律の定める上限を超えている場合、
超えた部分の支払いについては、
元本を返済したものとみなされます。

 

つまり、それまでお金を借りた人が、
利息として返済していたものの一部が、
元本の返済となるので、
元本はどんどん減っていきますので、
完済したとき(あるいは返済途中だと思っていても)には、
通常返済しなければならない金額以上に、
返済しているということになります。

 

この、余分に返済した部分を「過払い金」といい、
過払い金については返還請求をすることができます。

 

また、返済途中だと思っていても、
実はもう返済が終了するほどの金銭を
支払っているということもあります。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

利息制限法の定める利息の上限

利息制限法の定める利息の上限とは、
次の率に1.4をかけたものとなります。

 

・元本10万円未満…年20%
・元本10万円〜100万円未満…年18%
・元本100万円以上…年15%

 

 

色々なところから借金をしている方はとりあえず相談してみるとよい

借入先や取引回数が多いと、なかなか計算が面倒で、
実際自分がどのぐらいの利息で、
どのぐらいのお金を返済してきたことになるのか
グチャグチャになっている方もいるかと思います。

 

また、過払い金の計算ができても、今度は、
業者に過払い金返還請求の交渉をしなければ
なりませんが、これもなかなか心身ともに労力をつかいますし、
業者も素人が相手だとのらりくらりと、
先延ばしにする可能性もあります。

 

ですので、消費者金融からお金を借りている方には、
弁護士や司法書士などの専門家にご相談されることをおすすめします。

スポンサードリンク
スポンサードリンク