自己破産手続きの同時廃止、管財事件、少額管財とは

スポンサードリンク

自己破産手続きの同時廃止、管財事件、少額管財とは

自己破産手続き

自己破産手続きは裁判所に申立てをし、
裁判所が破産手続を始める決定を
することによってなされます。

 

裁判所が破産手続きには、
同時廃止型の手続きと、管財事件手続きがあります。

 

どちらの手続きとなるかは
財産の有無によって決まります。

 

同時廃止

同時廃止は、自己破産を申し立てた者に財産がなく、
免責不許可事由にも該当していない場合に、
破産の開始決定と同時に
破産の手続きを終結させる手続きです。

 

個人が自己破産を申し立てる場合は、ほとんどの場合、
同時廃止の手続きとなります。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

管財事件

一方、管財事件は、自己破産を申し立てた者に財産があり、
免責不許可事由に該当する
可能性があるような場合の手続きです。

 

裁判所が破産管財人を選任(たいていは弁護士がなります)し、
自己破産を申し立てた方の事情について、
破産管財人が調査を行い、換価できる財産を処分し、
債権者に分配する手続きを行います。

 

会社など法人の場合は、同時廃止ではなく、
必ず管財事件の手続きとなります。

 

少額管財

管財事件となる場合、管財人費用を納める必要があり、
その費用は数十万円と高額となることが多く、
申立者の負担が大きくなってしまいます。

 

そこで、「少額管財」という、通常の「管財事件」
よりも費用が安い手続きがあります。

 

管財人費用が20万円でおさまる場合が多いです。

 

なお、「少額管財」という名称は正式名称ではなく、
裁判所によって、呼び方が異なる場合もあります。

 

裁判所HP 各地の裁判所一覧
http://www.courts.go.jp/map_list/index.html

スポンサードリンク
スポンサードリンク