保証人、連帯保証人の責任、注意点

スポンサードリンク

保証人、連帯保証人の責任、注意点

保証人、連帯保証人という言葉はよく耳にし、
「いざという時に借金を借りた人の代わりに払うもの」という
だいたいどのようなものかというイメージはお持ちかと思います。

 

保証人、連帯保証人は、そのような認識に間違いないのですが、
今回は一歩踏み込んで保証人の責任や注意点について説明しますので、
保証人、連帯保証人を頼まれた際は、
これらのことを理解した上で、
引き受けるか断るかを判断していただければと思います。

 

保証人、連帯保証人と言葉をつかいわけてきましたが、
我が国の契約の多くの場合、
「保証人」は「連帯保証人」のことを指しています。

 

「連帯保証人は保証人よりも恐ろしい」
という話を耳にしたことがあるかと思いますが、
連帯保証人ではない保証人の契約は実際、
あまりありません。

 

ですので、ここからの説明もその「恐ろしい連帯保証人」
の説明とお考えいただければと思います。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

連帯保証人は主債務者とほぼイコールと考えてよい

連帯保証人は、はっきりいうとお金を
借りた本人(主債務者といいます)と、
同じぐらいの立場で責任を負うと考えていただくと
わかりやすいかと思います。

 

保証人の理屈、イメージとしては、本人がお金を支払えない場合に、
その責任がやってくるというものかと思いますが、
連帯保証人の場合、お金を貸した者(債権者)が、
主債務者に請求をせずに、連帯保証人に対していきなり請求することが可能です。

 

連帯保証人は「先に主債務者に
請求してくれ」という主張(検索の抗弁権といいます)が
認められません。

 

また、保証人が複数人いる場合であれば、
その頭数で割った額が自分の責任と考えてしまいますが、
連帯保証人の場合、連帯保証人が何人いても、それぞれが
全額を請求されても文句を言えない責任を負います。

 

連帯保証人とは、このように、
自分がお金を借りたのと同じような立場になるものであることを
しっかりと認識してください。

 

その上で、連帯保証人を引き受ける際は、
主債務者の資力(きちんと返済していくだけの稼ぎ、計画があるのか)、
保証する金額はいくらなのか、普通保証なのか、根保証なのか
(根保証とは簡単にいうと今回の借金だけでなく、
今後借りた借金も保証するというものです)
といったことを契約書をよく読んでチェックしましょう。

 

契約書を読んでもよくわからない部分は、債権者や主債務者によく質問し、
それでも、不明、疑問な場合は弁護士など法律の専門家に相談しましょう。

 

契約書にサインしてから、契約書の意味がわからず「自分の認識と違った」
というトラブルなる場合もよくあります。
契約書を交わしてからですと、非常に不利な状態にはなりますが、
なんとかできる可能性もゼロではありませんので、
弁護士にご相談いただければと思います。

 

金銭トラブル 債務整理、破産について解説トップへ

スポンサードリンク
スポンサードリンク