嫡出子・非嫡出子、認知、準正とは?その届け出と戸籍について

スポンサードリンク

嫡出子・非嫡出子、認知、準正とは?その届け出と戸籍について

嫡出子と非嫡出子

法律上、婚姻関係にある男女の間に生まれた子どものことを
「嫡出子(ちゃくしゅつし) 」といいます。

 

法律上の婚姻関係のない男女の間に生まれた子どもを
「非嫡出子(ひちゃくしゅつし)」といいます。

 

つまり、内縁関係のいわゆる事実婚という関係の父母から生まれた子どもは、
非嫡出子となります。

 

嫡出子と非嫡出子で異なる点

嫡出子と非嫡出子で異なるのは、父との関係です。
分娩の事実により、母と子どもの母子関係は当然に発生しますが、
法律上の婚姻をしていない父母に生まれた非嫡出子は、
父がその子を認知することにより父子関係が発生することになります。
(認知の届け出は、父親もしくは子の本籍地、又は父の所在地のいずれかの市区町村役場で
することができます。)

 

父が非嫡出子を認知しなければ、父はその子の扶養義務を負わず、
その子は父の相続権もありません。

 

なお、父に子供が複数人いて、嫡出子と非嫡出子がいる場合、
かつては、非嫡出子の相続分は嫡出子の相続分の2分の1とされていましたが、
嫡出子と非嫡出子の相続分は同等となりました。

 

非嫡出子に場合、母が親権者となり、母の戸籍に入り、母の氏となりますが、
父が非嫡出子を認知したとしても、親権は母のままで、子どもは母親の戸籍のままで氏もそのままです。

 

父が非嫡出子の親権者となったり、父の戸籍に入れるためには、
家庭裁判所の許可が必要となります。

 

準正とは

準正とは、非嫡出子が父母の婚姻により、嫡出子の身分を取得することをいいます。
認知をしてから婚姻した場合を婚姻準正、
婚姻をしてから認知した場合を認知準正といいます。

 

婚姻準正の場合、婚姻届に子の名前を記載して届け出、
認知準正の場合、認知届に父母の戸籍を記載して届け出をすることで、
子供は父母の戸籍に入り、父母の氏を称することになります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク