婚姻と内縁関係(事実婚)の違い、メリット、デメリットについて

スポンサードリンク

婚姻と内縁関係(事実婚)の違い、メリット、デメリットについて

事実婚とは?

お互いが夫婦関係を築く
意思にもとづいて婚姻届を提出することで、
法律上の婚姻が成立し、夫婦関係となりますが、
婚姻届を提出せずに、同居など事実上夫婦のような内縁関係の場合、
事実上の婚姻関係ということで
「事実婚」といったりしますが、
事実婚の場合、このような要件を満たせば成立するというふうに
定められているわけではありません。

 

裁判例や、法律を研究する学者の学説では、
法律上の婚姻と、
内縁関係(事実婚)をできるだけ同様に扱うような
傾向にありますが、全く同じではありません。

 

まず、法律上の婚姻をするためには、
夫か妻、どちらかの姓に
変える必要があります。

 

法律上の婚姻をして、夫婦別姓ということは
我が国では現状認められていませんので、
どうしても、姓を変えたくないという方は、婚姻届を提出せずに、
内縁関係を続けるという場合もあるでしょう。

 

法律上、戸籍上は姓が変わっても
仕事などで旧姓を名乗り続ける方もいますが、
戸籍上は、姓がかわっています。
公的な申請などでは、
本名を使うというような使い分けをされている方も多いようです。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

法律婚と事実婚の最大の違い

法律婚と事実婚で一番大きく異る扱いとなるのは、相続の場合です。

 

法律上の夫婦は配偶者が死亡した場合、
相続人となりますが(特殊な例外を除いて)
内縁関係の夫婦は配偶者が死亡しても相続人とはなりません。

 

極端な表現の仕方にはなってしまいますが、
婚姻をすれば婚姻から数日後に
配偶者が死亡しても他方配偶者は相続人となりますが、
事実婚の場合、何十年も同居を続けた間柄であっても、
相続人とはなりません。

 

ただ、遺言書で内縁の妻へ財産を引き継がせることや、
生前贈与などで法律婚と近い状態を作ることは可能ですが、
完全にイコールにするのは難しいです。

 

事実婚でも法律婚と同様に扱われるもの

事実婚でも法律婚と同様に扱われるものは、
内縁の夫が死亡した場合の労災保険金の受給や、
公務員の死亡退職金の受給、
交通事故で夫が死亡した場合の損害賠償請求権などです。

 

この他にも、実情から判断して配偶者として扱われる場合はありますが、
その都度、内縁関係を証明することが必要になってきますので、
戸籍を確認すれば一目瞭然の夫婦関係よりも、
手間と労力がかかることになります。

 

このように、法律上、理屈上は、
事実婚も法律婚と同様に扱われるといいましても、
それを実現する手間と労力がありますので、
内縁関係を続けるべきか婚姻届を提出して
法律上の婚姻をすべきかどうか
お悩みの方は、ご自身が描く今後のビジョンに、
事実婚と法律婚どちらがふさわしいのか、
どんな問題が生じうるのか弁護士に相談してみるのがよいかと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク