離婚後の子供の苗字(氏)について 

スポンサードリンク

離婚後の子供の苗字(氏)について 

婚氏続称制度

婚姻により氏を改めた人は、
離婚をすると婚姻前の氏(旧姓)に戻ることになります。

 

婚姻していた苗字をそのまま名乗りたいという場合は、
離婚の日から3ヵ月以内に市区町村役場に
「離婚の際に称していた氏を称する届」を
届け出ると婚姻していた際の苗字を名乗ることができます。
(これを「婚氏続称制度」といいます)。

 

父母が離婚しても、
子どもの氏はそのままということになります。
ですから、母が婚姻により氏を変更し、離婚して旧姓に戻ると、
母と子供で苗字が異なるということになります。

 

この際、親子で同じ氏を名乗るには、
母が婚姻していた際の氏に戻すか、
子供の氏を母の旧姓にするかということになります。

 

母が婚姻の際の氏に戻すのは、
離婚の日から3ヶ月以内ですと、
市区町村役場に届け出をするだけでできますが、
子供の氏を変更するには、家庭裁判所に対して
子の氏の変更許可を申し立てをする必要があります。

 

(なお、離婚して3ヵ月以上経ってから、
婚姻の際の氏を名乗りたい場合、
家庭裁判所に対して氏の変更許可の
申立てをしなければなりません)

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

離婚後の戸籍

離婚によって旧姓に戻った人は、
原則として婚姻前の父母の戸籍に戻りますが、
子供を自分の旧姓に変更した場合は、
自分が筆頭者の新しい戸籍が作られます。

 

戸籍は親と子の二世代までしか入ることはできません。

 

ですから、夫の氏を名乗ることにした夫婦が離婚をした場合、
妻を親権者と定めた場合であっても子供は、
夫の戸籍に残ることになります。

 

妻が離婚し、夫の戸籍から抜けると、
原則として妻の父・母の戸籍に戻ります。

 

このあとに子供の氏を、妻の旧姓に変更する
「子の氏の変更許可を申し立て」をし、
家庭裁判所で許可の審判がされたら、
審判書謄本を添付し、
子の本籍地または届出人の住所地の戸籍役場に届け出をすることで
子どもを妻の氏とする場合は、妻が筆頭者の戸籍が作られ、
そこに子供が入る(母子で同じ氏となる)ということになります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク