離婚した夫が養育費を支払わない場合どうすればよいか

スポンサードリンク

離婚した夫が養育費を支払わない場合どうすればよいか

夫婦が離婚し、未成年の子がいる場合は、
夫か妻を親権者と定めなければなりませんが、
実際に、子どもの身の回りの世話をする親(監護親)は、
そうでない親(非監護親)に対して、
子どもを育てていくための養育に要する費用を請求することができます。
(養育費は親権、監護権がなくても支払う義務があります)

 

離婚した夫が養育費を支払わない場合

離婚調停や離婚審判、裁判上の和解や判決において、
養育費について定めているのにもかかわらず、
支払いがされないという場合、
支払をするよう家庭裁判所から相手方に
勧告、命令をしてもらうことができます。

 

(この命令に従わない場合は、
10万円以下の過料という制裁が課せられ、
間接的に養育費の支払いを強制するというシステムですが、
実際にはあまり利用されていないようです…)

 

これにも従わない場合には、相手の財産を差し押さえ、
そこから養育費を回収するという
強制執行の手続きをとることができます。

 

協議による離婚で、裁判所を介さずに離婚をしたという場合も、
公正証書で離婚協議書を作成し、
養育費について定められている場合も、
強制執行が可能です。

 

ですから、協議離婚の際も弁護士に依頼し、
公正証書による離婚協議書を
しっかりと作成しておきましょう。

 

なお、通常の給料を差し押さえる場合、
給料はその者の生活の拠り所ですので、
給料の4分の1までしか差し押さえることができないという法律があるのですが、
養育費の場合には、子供の養育の重要さから、
給与2分の1までの差し押さえることが認められています。
(夫が自営業者の場合、強制執行をすべき財産の調査が必要になります)

 

強制執行を行い、確実に養育費をもらうには、
法律的にもかなり専門的な知識が必要ですので、
養育費の支払いが滞ってお困りの方は、
なるべく早く弁護士にご相談されることをおすすめします。

スポンサードリンク
スポンサードリンク