離婚の際の暴力、不貞行為の慰謝料の相場について

スポンサードリンク

離婚の際の暴力、不貞行為の慰謝料の相場について

離婚の際の「慰謝料」とは

離婚の際の「慰謝料」とは、
離婚の原因となる暴力や不倫などによって
精神的苦痛を受けた者に対して
相手方が支払う金銭のことをいいます。

 

一般的には男性から女性に支払う
お金というイメージがあるかもしれませんが、
必ずしもそうではありません。

 

女性の不倫が原因で離婚に至った場合などは、
女性が男性に慰謝料を支払うということになります。

 

離婚の際は、夫婦共同の財産を分配する
「財産分与」ということを行います。

 

慰謝料は本来、この財産分与とは別モノですが、
どちらも金銭によるものですので、実務としては、
あわせて考えられることが多いです。

 

つまり、財産分与により、
男性から女性に金銭を分配する額があり、
それに慰謝料を加えた(あるいは
男性が慰謝料をもらう側であれば、差し引いた)総額を
相手方に請求するということになります。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

離婚の際慰謝料の額の算定方法、相場

慰謝料の算定は、精神的苦痛を生み出した事情
(離婚の原因、婚姻期間の長さ)と、
相手の収入、資産などを総合的に考慮して算出します。

 

ですので、それぞれの状況により、
慰謝料の額は異なることになりますが、
だいたい100万円〜300万円ぐらいが多いようです。
(これよりも少ない場合、
あるいはケタ外れに多いという場合もあります。)

 

なお、不倫が離婚原因の場合は、
不倫相手にも慰謝料の請求をすることができます。
不倫の場合は、離婚に至らなくても、
不倫相手に慰謝料を請求することができます。

 

不倫相手が慰謝料を支払った場合は、その分については、
配偶者には請求できないことになります。

 

例えば不倫の慰謝料の200万円という場合、
不倫相手とあなたの配偶者が200万円を支払う義務を負い、
不倫相手が200万円を支払った場合は、
配偶者には請求できないということになります。

 

なお、不倫相手が独身であると過失なく信じていた場合は、
慰謝料を請求することはできません。
(向こうにとっても気の毒な話です。)

 

慰謝料の算定やその立証・主張はなかなか容易ではないものですので、
慰謝料請求をお考えの方は、弁護士にご相談されることをおすすめします。
また、慰謝料の請求は、3年で時効にかかります。
時効が迫っている場合は、時効を中断させる手続もありますので、
なるべく早く弁護士にご相談ください。

スポンサードリンク
スポンサードリンク