離婚原因を作った者(有責配偶者)から離婚訴訟を起こせるか

スポンサードリンク

離婚原因を作った者(有責配偶者)から離婚訴訟を起こせるか

離婚原因を作った者(有責配偶者)から離婚訴訟は原則として提起できない

婚姻中に愛人を作るなどの不貞行為をした場合は、
離婚訴訟を提起する離婚原因のひとつとなりますが、
離婚原因を作った側(有責配偶者といいます)から、離婚訴訟を提起することは
原則として認められません。

 

ただし、かつては、有責配偶者からの離婚請求というだけで裁判所は排斥していましたが、
近年の判例では、少し緩和される傾向にあり、
特別の事情がある場合に、有責配偶者からの離婚請求を認めた場合もあります。

 

有責配偶者からの離婚請求を認めた「特別の事情」とは

「特別の事情」とは、
夫婦の別居期間が相当長期間継続していて
(10年が一応の目安ですが、
それより短い期間で離婚が認められた例もあります)、
夫婦の間に未成年の子供がなく、
離婚後に相手方が経済的、社会的、
精神的に厳しい状況に置かれるなど、
社会的正義に著しく反しないと考えられる場合です。

 

離婚請求をされた相手方にとっても、
離婚がダメージとならないような場合とイメージすると、
考えやすいかもしれません。

 

このように、有責配偶者からの
離婚訴訟の提起は原則として認められないものの、
それまでの夫婦生活の状況や、
無責配偶者の離婚後の生活など、
さまざまな事情を踏まえて、可能となる場合もあるということです。

 

詳しくは具体的な状況を踏まえて、
弁護士にご相談されることをおすすめします。

スポンサードリンク
スポンサードリンク