離婚届不受理申出とは?提出先などについて

スポンサードリンク

離婚届不受理申出とは?提出先などについて

離婚届

離婚届に押す印鑑は実印でなくてもよく
、印鑑証明も当然不要です。

 

ですから、やろうと思えば、
夫婦の一方が離婚届を勝手に作成し、
役所に提出すれば、離婚届は簡単に受理されてしまいます。
(役所では離婚届の筆跡などを調査するわけではありません)

 

もちろん、このように他の一方の署名・押印を偽って離婚届を提出することは犯罪ですし、
法律の理屈としては、その離婚は無効であることを主張することはできます。

 

しかし、いったん受理されてしまったものを、現実に無効とし、
戸籍に記載された離婚を訂正・抹消するのは、
とても大変なことです。
(離婚の無効を主張するには、
離婚無効の調停を成立させるか、
それがまとまらない場合は、裁判によるなど、
非常に大変な手続きです。)

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

離婚届不受理申出書

離婚についての話し合いがまとまっていないうちに、
夫婦の一方に離婚届を提出されては、
非常に困ったことになってしまいます。

 

このようなことを防ぐため「離婚届不受理申出書」というものを提出し、
離婚届の受理をさせない手続きがあります。
不受理申出書を先に提出していれば、
夫婦の片方が離婚届を提出しようとしても
受理されません。

 

離婚届不受理申出書の提出先、有効期限

離婚届不受理申出書は、
本籍地、又は住所地の市区町村役場に離婚届不受理申出書を提出します。

 

不受理申出の有効期限は6ヶ月です。
延長をする場合は、再度不受理申出ができます。

 

なお、離婚届不受理申出は、本人名義で、必ず書面でしなければなりません。
電話や口頭ですることはできません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク