離婚原因の「悪意の遺棄」の意味、判例について

スポンサードリンク

離婚原因の「悪意の遺棄」の意味、判例について

夫婦のお互いが合意して離婚をする場合を
「協議離婚」といいますが、
この場合は、その旨の離婚届けを出せば離婚が成立し、
離婚の原因は何でも構いません。

 

夫婦の一方が離婚をしたがっているものの
、他方がそれを拒否しているという場合、
調停を経ても離婚の合意至らなかった場合は、
裁判にて離婚請求を求めることになりますが、
裁判で離婚を請求する場合は、
民法770条に定められた5つの離婚原因のいずれかに
該当していなければなりません。
(民法770条に定められた
5つの離婚原因を「法定離婚原因」といいます)

 

・配偶者に不貞行為があった場合
・配偶者に悪意の遺棄をされた場合
・配偶者の3年以上の生死不明
・配偶者が回復の見込みのない精神病にかかった場合
・その他婚姻を継続しがたい重大な事由

 

今回はその中の「悪意の遺棄」とは、どのような場合かを説明します。

 

「悪意の遺棄」とは

「遺棄(いき)」という言葉から、
投げ出して放置するイメージが強いかもしれませんが、
必ずしもそのような場合だけでなく、
夫婦としての生活を故意にの断絶をしたり、
同居・協力・扶助の義務を履行しない場合のようなことをいいます。

 

「悪意の遺棄」のニュアンスはわりと広いので、裁判では、
法定離婚原因の「その他婚姻を継続しがたい重大な事由」にも
該当するものとして主張されることが多いようです。

 

例えば、夫婦の一方が同居を希望しているのにもかかわらず、
正当な理由も無く、それに応じず
家を出て帰ってこない場合などです。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

配偶者からの暴力や虐待、
あるいは酒を飲んで暴れるのを避けるために、
家を出て行って別居した場合や
仕事上の都合や病気の治療のために別居状態である場合は、
悪意の破棄にはあたりません。
合意による別居も「悪意の遺棄」になりません。

 

また、心身ともに健康な夫が、
正当な理由もなく働かない場合や、
収入があってもギャンブルなどに浪費をし、
生活費を渡さないといった場合や、
専業主婦が正当な理由もなく
家事をほったらかしにしている状態も
悪意の遺棄にあたると考えられます。

 

このように夫婦の生活を放棄し、
婚姻関係の継続が難しい状態があれば
悪意の遺棄、あるいは、
その他婚姻を継続しがたい重大な事由に該当し、
裁判上の離婚を請求できますが、それらに該当するかどうかは、
具体的にさまざまな事情やお互いの落ち度などを
踏まえて考えられますので、
具体的な点は、弁護士にご相談していただくことをおすすめします。

スポンサードリンク
スポンサードリンク