夫、妻の浮気相手、愛人に慰謝料を請求する場合について

スポンサードリンク

夫、妻の浮気相手、愛人に慰謝料を請求する場合について

夫、妻の浮気相手、愛人に慰謝料を請求する場合

夫または妻が、浮気、不倫をした場合、他方の配偶者は、
夫、または妻に対して、精神的な損害賠償として
慰謝料を請求することができます。

 

また、浮気相手、不倫相手に対しても
精神的な損害賠償として
慰謝料を請求することができます。

 

相手方(愛人)が不貞行為を認めていれば、その証拠は必要ありませんが、
裁判で請求する際は、慰謝料を請求する側が
不倫の事実を主張、立証する必要があります。

 

不倫の慰謝料の相場

慰謝料の額は、その状況によりけりですので、
裁判となった場合は、慰謝料の算定については、
裁判所が総合的見地にもとづいて決定します。

 

この浮気、不倫が原因で家庭崩壊や
離婚につながったというような場合、
その損害は大きいことになります。

 

慰謝料として支払う額は、
だいたいいくらとはなんとも言いがたい部分ではありますが、
だいたい目安として、
数十万円〜400万円のあたりが多いようです。
(その中でも200万円前後のあたりが多いようです。)

 

配偶者の愛人に慰謝料を請求できない場合

なお、戸籍上は夫婦となっているものの、事実上は、
婚姻関係が破綻している冷め切った関係である場合は、
慰謝料の請求は認められません。

 

また、結婚していることを隠して交際し、
相手もそれに過失なく気付かなかったような場合や、
相手方を暴力や脅迫によって交際していたという場合も、
相手方に対して慰謝料を請求することはできません。

 

直接交渉するにしても、裁判所を通して交渉するにしても、
直接その人物とやりとりをするのも不愉快なでしょうし、
話がこじれたり、モメ出したりすると、
さらに不愉快な思いをすることになってしまいます。
ですから、不倫相手に慰謝料請求を考える場合は、
早めに弁護士に相談した方がよいでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク