「婚姻関係が破綻」とされる別居の期間は何年以上?

スポンサードリンク

「婚姻関係が破綻」とされる別居の期間は何年以上?

夫婦間の一方が離婚をしたいと思っていても、
相手方がそれを認めず、
離婚できない状況にある方も多いです。

 

話し合いで離婚できない場合は、調停を申し立て、
それでもダメならば裁判で
離婚を請求するということになります。

 

離婚訴訟で離婚が認められるためには、
「婚姻関係が破綻」していることが必要です。

 

これは主観的に一方が「破綻している」
と思っているというだけでは足りず、
客観的な事情が必要となり、
その代表例が別居です。

 

「婚姻関係が破綻」とされる別居の期間は何年以上?

必要な別居の期間も明確に決まっているわけではありませんが、
5〜10年程度が一般的です。(事情によりそれよりも短い期間、長い期間となることもあります)
「客観的な事情」が必要ですので、
「家庭内別居での同居」は別居とは扱われません。

 

経済的事情で、
別居に踏み切るのが難しいという方もいると思いますが、
可能であれば実家に帰ることで別居状態を作ることもできます。

 

実家に帰ることで精神状態が
だいぶよくなる方も多いようです。

 

なお、実家で親御さんの援助を受けて生活をしても、
夫に収入があって、妻に収入がない(あるいは少ない)場合は、
夫には婚姻期間中の生活費を負担する義務がありますので、
婚姻費用を請求することができます。

 

どうしても夫が離婚してくれないという場合は、
実家に戻ることを選択肢に入れて検討してみてはいかがでしょうか。
また、一人で悩むことでツラくなることもありますので、
弁護士などに今後どのようにすべきかご相談されてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク
スポンサードリンク