妻が実家に帰ったら離婚の際の婚姻費用の支払いは不要?

スポンサードリンク

妻が実家に帰ったら離婚の際の婚姻費用の支払いは不要?

夫婦間には、「婚姻費用の分担義務」があります。
夫婦の収入の大小でその負担割合が決まり、
夫が働き収入があり、
妻が家事を行って収入がないという場合では、
原則として、夫が婚姻費用を
全額負担するということになります。

 

「婚姻費用」は具体的には、
衣食住の費用、医療費、子供の教育費や養育費、
冠婚葬祭の費用、交際費などがあたります。

 

 

婚姻費用は妻が実家に帰って生活している場合も請求することができる

婚姻費用を請求する場合、通常は別居状態にあって、
夫が妻に生活費を支払わない場合が多いですが、
妻が実家に帰って生活している場合も請求することができます

 

妻(と子)が実家に帰り、
生活費などを実家の親御さんが負担している場合も、
本来、夫が負担すべきものを親御さんが
肩代わりしているということですので、
夫に婚姻費用の請求をすることができます。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

婚姻費用の額は、婚姻費用算定表を参考に算定します。
婚姻費用算定表は以下をご参照ください。
裁判所のHPの養育費・婚姻費用算定表

 

夫と同居中の場合でも、
夫が生活費を渡していない場合には婚姻費用を請求することができますが、
その際、夫が負担している家賃、光熱費などを考慮して、
別居の場合よりも減額調整するのが一般的ですが、
妻が実家に帰った場合は、
実家の援助ぶんの減額調整を行わずに、
別居の場合と同様に婚姻費用を請求することができます。

 

ですから、家庭内別居状態で、同居している場合よりも、
実家に帰った方が婚姻費用を多く請求できるということにもなりますし、
夫が離婚を拒む場合、別居という客観的な婚姻破綻状態を作り、
調停、裁判での離婚がすすめやすいひとつの材料にもなりますので、
家庭内別居の状態が辛い状況であれば、
実家に帰ることも選択肢に入れてみてもよいかもしれません。

 

一人で悩むことでツラくなることもありますので、
弁護士などに今後どのようにすべきかご相談されてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク
スポンサードリンク