同居していれば離婚の際に婚姻費用を請求できない?

スポンサードリンク

同居していれば離婚の際に婚姻費用を請求できない?

夫婦間には、「婚姻費用の分担義務」があります。
夫婦の収入の大小でその負担割合が決まり、
夫が働き収入があり、
妻が家事を行って収入がないという場合では、
原則として、夫が婚姻費用を
全額負担するということになります。

 

「婚姻費用」は具体的には、
衣食住の費用、医療費、子供の教育費や養育費、
冠婚葬祭の費用、交際費などがあたります。

 

家庭内別居で、同居中の場合でも婚姻費用を請求できることがある

婚姻費用を請求する場合、通常は別居状態にあって、
夫が妻に生活費を支払わない場合が多いですが、
家庭内別居で、同居中の場合でも婚姻費用を請求できることがあります。

 

婚姻費用は、社会生活を維持するための費用ですので、
妻が社会生活を維持する費用を受け取っていな場合は、
請求することができます。

 

婚姻費用の額は、婚姻費用算定表を参考に算定します。
婚姻費用算定表は以下をご参照ください。
裁判所のHPの養育費・婚姻費用算定表

 

この表で、別居中の夫婦を
参考にさまざまな事情を加味して算定しますが、
同居の場合、家賃、光熱費などの支払いは
夫がしてくれていると思いますので、
そのぶんを減額調整して算定することになります。

 

ということで、家庭内別居で生活費を
受け取っていないなどの事情の女性の方は、
一度弁護士に相談し、婚姻費用を
請求できるかどうか相談されてみるとよいと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク