離婚後、夫に家を出てもらい住宅ローンを支払ってもらいたい場合

スポンサードリンク

離婚後、夫に家を出てもらい住宅ローンを支払ってもらいたい場合

離婚の際には、それまでの
夫婦間の財産を分けあう財産分与を行いますが、
最も重要で、最も合意が難しいのが、住まいの問題です。

 

賃貸マンション、アパートにお住まいの方であれば双方が
そこを出ていくということもしやすいですが、
持ち家の場合、住宅ローンが残っている場合は特に、
売却をするにも色々ハードルがありますので、
どちらかが出て行くという選択肢をとる場合も多くあります。

 

女性の側の希望で多いのが、
「自分(と子)がそのまま住み続けて、元夫に今後の住宅ローンを支払ってもらう。養育費も別途もらう。」
というものです。

 

男性側からすると、すごく厚かましい
希望のように感じるかもしれませんが、
実際、そのように希望する女性は多く、また、
そのとおりになる場合も少なくありません。

 

ただし、このような結論を希望する方、
あるいはこのような結論を実現した方に
注意していただきたい点があります。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

元夫が住宅ローンの支払いを滞った場合のリスク

元妻は今後、元夫が住宅ローンの支払いを滞った場合のリスクに注意する必要があります。
いくら離婚の際にそのような合意をまとめて、
そのような書類を作成できたからといって、
それが実現できるかどうかは別問題となります。

 

元夫も、自分の子どものためならまだしも、
別れた女性のために、
自分の住んでいない住宅ローンを月々支払い続けるのは、
感情的にストレスがたまるものです。

 

そのような気持ちから任意に支払いをストップする場合もあり、
また、そうでなくても仕事の都合で収入が減ったり、
無くなったりして、現実的に支払いが
不可能となることもじゅうぶんにありえます。

 

前者の場合であれば、
公正証書などで離婚協議書を作成しておけば、
強制的に夫に支払いをさせることもできますが、
後者の場合、無いところからは取れませんので、
いくら書類を整えていてもどうしようもないことになります。

 

また、後者の場合は養育費の支払いも
ストップすることになりますので、
じゅうぶんな収入のない女性の場合、
とても厳しい状況におかれることになります。

 

住宅ローンの支払いが滞れば、
担保となっている土地・建物の抵当権が実行され、
競売にかけられて、その家を出ていかなければならないことになります。

 

ですから、離婚後もその家に住み続けたいと考える女性には、
このようなリスクをじゅうぶん認識していただきたいと思います。
可能であれば、持ち家の場合も売却して、売却代金を精算する方法の方が、
後のリスクは小さいように思います。
とはいえ、住宅ローンの残額など、個々の状況にもよりますので、
弁護士に相談し、取りうる選択肢と、そのリスクなどを聞いて、
検討していただければと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク