住宅ローンがオーバーローンの場合、離婚の財産分与はどうなる?

スポンサードリンク

住宅ローンがオーバーローンの場合、離婚の財産分与はどうなる?

住宅ローンの「オーバーローン」とは、
建物と土地を合わせた現在の価格よりも
住宅ローンの残額が高い場合のことをいいます。

 

建物と土地の価値は購入時の価格ではなく、
「現在の価値」です。

 

建物は新築時は最も価格が高いですが、
年々、その価格は減少していき、
土地の価値は経済状況や周辺の状態で上下しますが、
最近は地方特に、下落することの方が多いでしょう。
ですから、住宅ローンの返済をしばらく続けても、
しばらくオーバーローンという状態は続きます。

 

住宅ローンがオーバーローンの場合、離婚の財産分与

オーバーローンの状態で、離婚をし、
夫婦間の財産を分け合う財産分与をする場合、
一般的には、オーバーローンの夫名義の不動産は、財産分与の対象外として扱われます。

 

実はオーバーローンの不動産の財産分与の取り扱いについては、
実務でも議論が別れ、

 

@オーバーローンのマイナスぶんを考慮せずに、
不動産以外の財産を分け合うとする場合と、
Aオーバーローンのマイナスぶんを考慮して分け合う場合があります。

 

ですから、例えば、オーバーローンで
不動産価値500万円、ローンの残額1,000万円ですと
500万円のマイナスですが、
@の考え方ですと、この不動産は無いものとして、
他の財産として夫の預貯金が400万円であれば、
2分の1ずつ分け合う場合であれば妻が200万円を受け取れることになりますが、
Aの考え方ですと、500万円のマイナスと預貯金の400万円が相殺され、
妻の取り分はゼロということになります。

 

中には、相殺してもなお残るマイナス100万円をわけあって、
妻に50万円の支払いを命じるという裁判例もあるようです。

 

財産分与のほとんどは双方の合意によって決まりますが、
当事者間では合意できずに、
裁判所に判断してもらう場合でも、
@とAいずれの方法で考えられるかは、
微妙ということになります。

 

ということで、オーバーローンの場合、財産分与は少々複雑ですので、
弁護士に依頼する場合と、自力で行う場合では
財産分与の額に数百万円の違いが出ることも珍しくありませんので、
離婚業務に強い弁護士にご相談されることをおすすめします。

スポンサードリンク
スポンサードリンク