離婚の際に住宅ローンで女性(妻)が気をつける点について

スポンサードリンク

離婚の際に住宅ローンで女性(妻)が気をつける点について

離婚する際は、それまでの夫婦生活の財産を分け合う
財産分与をすることになりますが、
一戸建てやマンションなどを購入し、
住宅ローンの返済がまだ終わっていない場合に、
女性(妻)が注意すべき点について説明します。

 

まず、住宅ローンが残っている場合、
女性の方は住宅ローンの契約内容を確認してください。
妻が連帯保証人、保証人、連帯債務者などに
なっている場合があります。

 

この場合、債務者が夫だけの場合よりも、
面倒なことになります。

 

簡単にいうと、妻も
連帯保証人、保証人、連帯債務者となっている場合は、
「自分も債務者」とほぼ同じと考えた方がよいでしょう。
こうなりますと、夫と離婚し、以後住宅ローンの支払いは
夫だけがするものとしたい場合でも、
自分を連帯保証人、保証人、連帯債務者から外すには、
債権者の銀行などの金融機関の了承が必要となります。

 

債権者の金融機関が
連帯保証人、保証人、連帯債務者を外すためには、
かわりに他の担保を立てるか、夫が新たなローンを
組み直すなどのことが必要となります。

 

多くの場合、夫のローンの組み直しをしてもらうことになると思いますが、
離婚する(した)相手なので、この話し合いも難航することが普通です。

 

ですので、女性の方が離婚をする際に、住宅ローンが残っていて、
ご自身も連帯保証人、保証人、連帯債務者となっている場合は、
弁護士にどのような手段をとるべきか
ご相談されることをおすすめします。

スポンサードリンク
スポンサードリンク