住宅ローンの「オーバーローン」とは?確認方法について

スポンサードリンク

住宅ローンの「オーバーローン」とは?確認方法について

住宅ローンの「オーバーローン」とは?

住宅ローンは、土地と家の購入代金を
銀行などの金融機関からお金を借り、
担保としてその土地と家に抵当権をつけるものですが、
住宅ローンの「オーバーローン」とは、
住宅ローンを組んで購入した土地と家の現在の価値よりも、
住宅ローンの残額の方が多い状態をいいます。

 

マンションや戸建ての家は新築の状態が一番価格が高いですが、
時間の経過とともにその価値は下がっていきます。
土地は経済状況に応じてその価格が上下しますが、
地方などでは特に土地の価値が下がる場合が圧倒的に多いでしょう。

 

住宅ローンは利息もつきますので、
返済開始当初は、オーバーローンから始まるのが一般的で、
その後、返済を続けても、不動産価値も低下しますので、
かなり長い期間オーバーローンの状態が続くのが一般的です。

 

オーバーローンかどうかを調べる方法

現在、オーバーローンかどうかを調べるには、
ローンの残額と、不動産価格を比較し、どっちが多いかを
比べればよいのですが、難しいのは、
「不動産価格がいくらなのか?」
というところです。

 

まず、最寄りの法務局で、
対象の土地と建物の不動産登記の登記事項証明書を取得してください。
登記事項証明書を取得するには、住所(住居表示)ではなく、
土地は「地番」、建物は「家屋番号」という登記専用の記号が必要ですが、
法務局に置いてあるブルーマップという地図で住所と照らしあわせて探すことになりますが、
慣れていないとわかりにくいと思いますので、
法務局の方に直接質問した方がよいでしょう。
地方の法務局などは特に職員の方が気を効かせてくれることが多く、、
取得したい登記事項証明書の住所を伝えると、
職員の方が調べてくれて、そのまま記入すればよかったりします。
家と建物の登記あ別々ですので、それぞれ取得して、
その登記事項証明書を持って、不動産売買を扱っている不動産業者に
査定をお願いし、不動産価格を査定してもらうことができます。
複数社に依頼してみるとなお、よいでしょう。
以下のサイトから複数業者に一括で査定依頼ができるので、
便利です!

不動産の無料オンライン一括査定!【不動産査定エージェント】

 

この査定額と、住宅ローンの残額を比較することで、
オーバーローンかどうかを確認することができます。
ただし、実際に売却する際は、この売却価格から、
仲介手数料が差し引かれて、他にも売却にはリフォームが必要だったり、
費用が発生しますので、手元に残るお金は査定額よりも少なくなると思っておきましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク