婚約を解消したときの結納の返還について

スポンサードリンク

婚約を解消したときの結納の返還について

婚姻はお互いの自由意志に基づくもの

結婚(婚姻)はお互いの自由意思にもとづいて、
継続的に夫婦関係を築いていこうという
意思の合致によって、するものですから、
一方にその気がなくなった場合は、
婚姻の約束をしていても、それを解消することはできます。
(むしろ解消できずムリヤリ婚姻する方が問題です。)

 

ただし、婚約を解消するにあたって、
双方が結婚をするにあたって費やした費用を
精算し、結納を返還するという財産的な問題があります。
また、場合によっては一方に対して
損害を賠償をしなければならない場合もあります。

 

婚約を解消した場合の結納は?

結納については、婚約を解消した場合は、
返還をするのが原則です。

 

結納とは、主に男性側から
女性側に送られる金銭または物品ですが、
判例は、結納の法的性質について、

 

「婚約の成立を確証し、
併せて婚姻が成立した場合に当事者ないし、
当事者両家の情誼(じょうぎ)を
厚くする目的で授受される一種の贈与である。」

 

としています。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

つまり、結納は婚約の成立を証拠づけるもので、
婚姻の成立を目的とした贈与ですので、
前提である婚約が解消されたのであれば、
それを返還するのが原則と考えられることができます。

 

なお、婚約指輪についても、
婚約の解消の際の変換については、
結納と同様に考えてよいでしょう。

 

このように結納は原則として、
婚約を解消したら返還すべきものですが
結納を与えた側が正当な事由なく婚約破棄をした場合、又は、
結納を与えた側が婚約破棄される原因を作った場合は、
結納を返還する義務はないとされています。

 

例えば、結納をした男性が他にも女性と交際しており、
そちらの方と結婚したくなったので、
これを解消するというような場合です。
(このような場合、女性の側は損害賠償請求できる場合が多いですので、
損害賠償については別の回で説明しますのでそちらをご覧ください。)

 

当事者双方に婚約解消の原因があるような場合は、
判例では「結納者の責任が結納受領者の責任より
重くないときに限り結納等の返還を許し、
より重いときはその返還を請求することはできない」としています。

スポンサードリンク
スポンサードリンク