離婚調停の注意点、落とし穴「調停委員が不公平に感じる」

スポンサードリンク

離婚調停の注意点、落とし穴「調停委員が不公平に感じる」

離婚についての話し合いで当事者間で話がまとまらない場合は、
相手方の住所地にある家庭裁判所に調停を申し立て、
裁判官1名と、調停委員2名(男女1名ずつ)が
夫婦双方の言い分などを聴いて、双方にアドバイスをしながら
合意を目指す離婚調停による解決を目指すのが一般的です。

 

裁判官、調停員の言葉に強制力はなく、
それでも当事者の合意に至らない場合は、
裁判という流れになります。

 

離婚の90%は当事者の話し合いによる協議離婚、
9%が調停離婚、
1%が裁判による離婚となっており、
当事者だけでの話し合いでまとまらない場合も、
多くの場合が調停によって離婚が成立する場合が多くなっています。

 

家庭裁判所で離婚調停を行う際の注意点

家庭裁判所で離婚調停を行う際の注意点ですが、
夫婦双方の話を聞いてアドバイスをする
裁判官1名と、調停委員2名は、
もちろん中立な立場で公平にアドバイスをするのが建前ですが、
やはり人間ですので、話を聞いているうちに、
一方に同調し、一方に嫌悪の感情を抱くこともあるようで、
調停を行っている当事者の方には、
「自分の話、意見を聞いてくれない」
「明らかに相手の味方をしている」
と感じる方も少なくないようです。

 

もちろん、当事者の思い込みとか、
被害妄想ということもあるかもしれませんが、
調停委員の方々の経験値や能力、性格などによって、
調停の流れが全く違うことになるという点も否めません。

 

ですから、離婚調停にのぞむ際は、
調停委員に媚びを売る必要がありませんが、
悪印象となるような言動はできるだけ控えて、
冷静にご自身の希望を伝えていただければと思います。

 

もし、現在調停を行っていて、
「明らかに調停委員が相手の味方をしている」というふうに感じる場合は、
弁護士に相談されてみることをおすすめします。

 

弁護士が調停に参加することもできますし、
相談することでストレスのはけ口となり、精神的にラクになったりすることもあります。

 

無料相談できる弁護士も多くいますので、
まずは話を聞いてもらって気をラクにしていただければと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク