離婚した夫が破産した場合、以後養育費は払わなくてよいか?

スポンサードリンク

離婚した夫が破産した場合、以後養育費は払わなくてよいか?

離婚する際に養育費の取り決めをし、
その後、夫が養育費の支払いが滞り、
破産申立てをしたという場合について説明します。

 

個人破産をした場合、債務が免責され、
簡単にいうと、それまでの借金の支払いを免れる
ことになりますが、すべての債務について
免責されるわけではありません。

 

養育費は非免責債権

「非免責債権」といって、破産をしても消えない債務があり、
養育費もそのひとつに当てはまります。
ですから、元夫が破産手続きをしても、
これまで滞納している養育費とこれからの養育費の
支払い義務はなくなりません。

 

破産手続き開始前の段階であれば、
離婚の際に取り決めをした調停調書や
公正証書の離婚協議書がある場合、
夫の勤務先の給料が支払われる前に差し押さを行うなどの
強制執行による回収をすることができます。

 

破産手続きが開始した場合は、
債権者として債権者として手続きに参加し、
裁判所から送付されてくる債権届にの養育費の
滞納額を記載して提出することによって、
配当を受けることができます。

 

今後の養育費についても支払い義務は
免れないことを夫に説明し、
以後も養育費の支払いを続けるよう伝えましょう。

 

直接連絡するのが嫌な場合や、
支払う様子がない場合は弁護士に相談し、
代わりに請求や説明を行ってもらい、
任意に履行しない場合は、強制的な手段で回収する旨を伝え、
支払いをうながすとよいでしょう。

 

破産後は他の債務の支払いが無くなりますので、
夫に収入があるのであれば、破産前よりも
養育費を捻出しやすい状況になると思いますので、
不明な点や、夫が任意に履行をしない場合は、
弁護士などに相談しながら、粘り強く交渉を進めていくとよいでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク