人事訴訟手続とは?

スポンサードリンク

人事訴訟手続とは?

人事訴訟とは?

人事訴訟とは、夫婦や親子等の関係についての
争いを解決する訴訟のことをいいます。

 

人事訴訟の中でも代表的なものは離婚訴訟です。

 

離婚訴訟は、当事者間で離婚についての合意がまとまらない場合
例えば、片方は離婚したいが片方は離婚したくないといった場合や、
財産分与など離婚後の財産の扱いについて合意ができない場合、
離婚訴訟では未成年の子どもの親権者について合意できない場合、
養育費の金額についての合意がまとまらない場合などに、
裁判所でこれらを決めるというものです。

 

基本的には、夫婦間、親子間のことについては
当事者間で解決するのが適当であるという
考え方から、まずは、訴訟ではなく、
調停からということになります。

 

調停とは、裁判官や専門家の意見を聞きながらも、
あくまで当事者間の話し合いにより、
解決を目指すというものです。

 

裁判官や専門家は意見やアドバイスを言いますが、
当事者はこれに従う必要はなく、
調停手続きによって話し合いがまとまらない場合、
訴訟での解決を目指すということになります。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

人事訴訟の申し立て

人事訴訟は、原則として当事者の住所地を管轄する家庭裁判所に申し立てて
行います。

 

裁判所HP 各地の裁判所一覧
http://www.courts.go.jp/map_list/index.html

 

人事訴訟は、基本的には
民事訴訟の審理手続と同じ手続で行われますが、
家庭裁判所における人事訴訟においては、
参与員が審理や和解の試みに立ち会って
意見を述べたり、家庭裁判所調査官が子どもに面接して調査したりし、
子どもの親権者を決めるにあたって
判断の材料とすることがあります。

 

人事訴訟は、和解か判決により終了し、
この結果に当事者は拘束されます。

 

つまり、この結果に納得がいかないとしても、
強制的にこの結果を実行することができ、
例えば、養育費について支払いがない場合は、
強制執行をすることもできます。

 

(調停の結果について、当事者が義務を履行しない場合は、
家庭裁判所が債務者に対して
説得、勧告する履行勧告という、履行をうながす制度がありますが、
こちらには強制力はありません)

スポンサードリンク
スポンサードリンク