離婚後300日以内に生まれた子の出生届について

スポンサードリンク

離婚後300日以内に生まれた子の出生届について

離婚後300日以内に生まれた子の法律上の扱い

母が元夫との離婚後300日以内に子を出産した場合には、
その子は民法上元夫の子と推定されます。

 

仮に、元夫が長期間別居し、
顔を合わせていない状態で、
元夫の子ということがあり得ないような場合あっても、
法律上の離婚が成立してから300日以内に出産をした場合は、
元夫の子と推定され、原則として出生届も
元夫の子としてしなければならないことになります。

 

新しい夫(あるいは交際相手)の子として出生届を出す場合

新しい夫(あるいは交際相手)の子として出生届を出すには、
医師が作成した「懐胎時期関する証明書」を添付して出生届を出すか、
それができない場合は、元夫との間で父子関係がないことの確認を求める
親子関係不存在確認の調停もしくは訴訟または、
血縁上の父を相手として子であると認知を求める調停もしくは訴訟
という裁判手続を経る必要があります。

 

医師が作成した「懐胎時期関する証明書」
を添付して出生届を出した場合、
母の戸籍に子が記載されることになります。

 

血縁上の父が戸籍に父として記載するには、
認知の手続きが必要です。

 

家庭裁判所の実務では
、父子関係の存在、不存在を証明する方法として
DNA鑑定により行われるのが一般的ですが、
それだけでなく元夫に対する事実調査が
必要になる場合もあります。

 

このように離婚後300日以内に出生届を出す場合は、
医師による証明ができない場合は、
裁判手続によることが必要となり、
とても煩雑な手続きが必要ですので、
弁護士にご相談されることをおすすめします。

スポンサードリンク
スポンサードリンク