夫からの暴力、DVに関する保護命令とは

スポンサードリンク

夫からの暴力、DVに関する保護命令とは

配偶者暴力等に関する保護命令とは、
配偶者からの身体への暴力(性的暴力・精神的暴力はこれに含まれません。)や、
生命・身体に対して害を加える旨の脅迫を受け、今後、配偶者からの身体に対する暴力により
その生命身体に危害を受けるおそれが大きいときに
を防ぐために、裁判所が相手方に対し、申立人に近寄らないよう命じる決定のことです。

 

保護命令に違反した者には、
1年以下の懲役又は100万円以下の罰金が科せられます。

 

法律上の婚姻(婚姻の意思に基いて、婚姻届を提出したもの)のみならず、
内縁関係の事実婚の場合もこの申し立てをすることができます。

 

なお、婚姻中に暴力を受け、離婚をしたという場合は、
この申し立てをすることができますが、
離婚をした後に暴力を受けたことを基に、
申し立てることはできません。

 

保護命令の申立書の提出

保護命令の申立書を提出できる裁判所は次の通りです。
・相手方の住所の所在地(日本に住所がないとき又は住所が不明なときは居所)を
管轄する地方裁判所
・申立人の住所又は居所の所在地を管轄する地方裁判所
・当該申立てに係る配偶者からの暴力・脅迫が行われた地を管轄する地方裁判所

 

裁判所HP 各地の裁判所一覧
http://www.courts.go.jp/map_list/index.html

 

保護命令の内容

接近禁止命令

6か月間、申立人の身辺につきまとったり、
申立人の住居(同居する住居は除く。)や
勤務先等の付近に近づくことを禁止する命令です。

 

退去命令

申立人と相手方とが同居している場合で、
申立人が同居する住居から
引越しをする準備等のために、相手方に対して、
2か月間家から出ていくことを命じ、かつ同期間その家の付近を
うろつくことを禁止する命令です。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

未成年の子への接近禁止命令

必要があると認められるときに、
6か月間、申立人と同居している
未成年の子の身辺につきまとったり、
住居や学校等その通常いる場所の付近を
うろつくことを禁止する命令です。

 

親族等への接近禁止命令

必要があると認められるときに、
6か月間,その親族等の身辺につきまとったり、
住居(その親族等が相手方と同居する住居は除く。)や
勤務先等の付近をうろつくことを禁止する命令です。

 

電話等禁止命令

6か月間、相手方から申立人に対する
面会の要求、深夜の電話やFAX送信、メール送信など
一定の迷惑行為を禁止する命令です。

 

※「子への接近禁止命令」
「親族等への接近禁止命令」「電話等禁止命令」は、
単独で発令することはできず、申立人に対する接近禁止命令が同時に出る場合か、
既に出ている場合のみ発令されます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク