離婚の財産分与の際の住宅ローンについて(名義変更など)

スポンサードリンク

離婚の財産分与の際の住宅ローンについて(名義変更など)

住宅ローンの残っている場合の財産分与

離婚する際には、夫婦間で
財産を分け合う財産分与をすることになりますが、
住宅ローンの残っている持ち家やマンションがある場合、
少しややこしくなります。

 

まずは、契約書類一式を揃えてじっくりと
契約内容を確認する必要があります。

 

住宅ローンの債務者は夫で、
妻が連帯債務者となっている場合、
妻が連帯保証人となっている場合、
妻が契約に関与していない場合がありますが、
妻が連帯債務者、連帯保証人となっている場合は、
当事者の合意だけでなく、その合意の結果について、
必ず銀行の承諾が必要となります。

 

例えば、妻を連帯債務者、連帯保証人から外す場合や、
夫に変わって妻を主債務者にしたい場合などは、
銀行にとってリスクが生じるわけですので、
銀行が納得できる条件でなければならないわけです。

 

ですから、夫がその家に住み続け、妻を連帯債務者、連帯保証人から外す場合、
銀行の承諾があってはじめて
完結する解決方法となります。

 

夫婦どちらもその家に住まず売却するという場合、
どのぐらいの金額で何年ローンが残っているのかによっても、
話が変わってきますので、注意が必要です。

 

だいぶ返済が済み、住宅を売却して
ローンを完済できるという状態であれば、
ローン完済後に余ったお金が生じれば、
その金額を夫婦で分け合うことになりますし、
住宅を売却してもローンを完済できない場合は、
残りのローンを夫婦で分け合うということになります。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

妻が持ち家に住み続けたいという場合

妻が家に住み続けるという場合、
住宅ローンを妻の名義で借り換え、不動産名義も妻に移す
という選択肢もありますが、この場合、
妻の収入が銀行の納得いくものでなければなりません。
専業主婦やパート勤務などの場合ですと、
住宅ローンを借り替えるのは難しいと思われます。

 

妻が住み続けるという場合に、現実的に多いケースは、
不動産名義も住宅ローン名義も夫のままとし、
住宅ローンも夫が支払うという場合です。

 

住宅ローンの返済は夫が続けて行い、
その分を財産分与で夫が預貯金の取り分を多くしたり、
養育費の支払いを少なめにするなどで
調整するという方法をとられます。

 

この場合、妻の側で注意が必要なのは、
夫が返済を滞らせた場合です。
夫が住宅ローンの返済が滞ることになれば、
銀行は抵当権を行使してきますので、
家が差し押えられ、競売ということになると、
自宅を手放さなければならないことになります。

 

離婚後、夫は自身の居住費が発生しますし、 
再婚して子供ができるなど、新たな生活が始まれば、
そちらの出費と、かつての妻が住む家の住宅ローンの支払いが
重なるということで、金回りが厳しくなった場合、
優先順位的にも、どうしても、かつての妻の住む家の返済をストップする
ということが考えられます。

 

ですから、このような選択肢を検討する場合は、
当事者間だけでなく、弁護士などに相談し、
公正証書などで契約書をしっかり交わしておき、
最悪の事態があることもしれないことを想定しながら、
できるかぎりの手を打っておくべきでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク