専業主婦の離婚後の健康保険、社会保険(年金分割)の手続きについて

スポンサードリンク

専業主婦の離婚後の健康保険、社会保険(年金分割)の手続きについて

専業主婦の方の場合、婚姻中は夫の健康保険や、
夫を世帯主とする国民健康保険に
加入している場合が多いですが、離婚後は、
夫の医療保険の保険資格を喪失し、
それまでの保険手続きを利用することができなくなりますので、
どのような医療保険に加入していたか、
離婚後どのような医療保険に加入するかによって
手続きが異なりますので、それぞれ説明していきます。

 

専業主婦の離婚後の健康保険、社会保険の手続き

@夫を世帯主とする国民健康保険 → 新たに国民健康保険

 

夫は市区町村役場妻と子を世帯員からはずす手続きをし、
妻の方は、市区町村役場役所で自分を世帯主とする国民健康保険を作り、
子どもを世帯員に入れる手続きをします。

 

A夫を世帯主とする国民健康保険 → 勤務先で社会保険に加入

 

夫は市区町村役場妻と子を世帯員からはずす手続きをし、
妻の方は、勤務先(離婚後すぐ就職する方も)を通じて健康保険加入の手続をします。

 

B夫の扶養家族とする社会保険 →  新たに国民健康保険

 

夫は会社を通じて、母と子を扶養からはずす手続きをし、
健康保険の被扶養者ではなくなったことを
証する資格喪失証明書を取得します。

 

妻は、離婚後すぐに就職しない方は、
資格喪失証明書を持参して
(夫から資格喪失証明書を受け取るのが難しい場合、
市町村役場を通じて社会保険事務所にご相談ください)
市区町村役場で転入届・転出届を提出し、
夫の世帯から脱退し、自身を世帯主とする
国民健康保険の加入手続をします。
(妻が離婚後すぐに就職する場合はAの手続きです。)

 

C夫の扶養家族とする社会保険 → 勤務先で社会保険に加入

 

夫は会社を通じて、母と子を扶養からはずす手続きをします。
妻は、勤務先、就職先の会社で社会保険に入り、
子どもを扶養家族の加入手続きをします。 

スポンサードリンク
スポンサードリンク