不貞行為、浮気の証拠について

スポンサードリンク

不貞行為、浮気の証拠について

不貞行為、浮気の証拠

夫や妻が浮気、不貞行為をした場合、相手方の配偶者は、
慰謝料を請求することができます。
また、浮気、不貞行為は
裁判上で離婚を請求する際の理由になります。
(裁判上で離婚を請求する場合は一定の場合でなければできません)

 

不貞行為を理由に慰謝料請求や、離婚請求する場合には、
請求する側が、それを立証しなければなりません。

 

「雰囲気的に怪しい」といったもので、
離婚や慰謝料を請求できないのはもちろん
例え、現場を目撃しても、それを客観的に証明しなければ、
それらの請求は認められません。

 

裁判所では詐欺や詐称行為を防ぐために、
不貞行為の証拠について
厳しく制限しています。

 

不貞行為の証拠となるもの

不貞行為の証拠となるものとしては、
例えば写真やビデオなどの映像です。

 

携帯電話、PCメール、手紙やメモ、日記、手紙、贈り物、
不貞行為の裏づけとなるクレジットカードの明細や領収書
などといったものがありますが、
当然、不貞行為を行っている者は
絶対にバレないようにやっているわけで、
一般人がこれらの証拠をつかむのは
容易ではありません。

 

また、証拠をつかもうとしてした
盗聴、盗撮行為で、法律を犯してしまう場合もあり
浮気をされた側が刑事上、民事上の
責任追及されてしまう危険性もありますし、
その手段・方法が著しく反社会的と判断された場合、
離婚、慰謝料を請求する裁判でも、
その証拠能力を否定されてしまいます。

 

弁護士は証拠集めまではしてくれない

弁護士に、慰謝料請求や離婚請求を依頼したとしても、
弁護士は不貞行為の証拠集めまではやってはくれませんので、
これらの証拠は依頼する者が集めなければなりません。

 

下記のリンクの調査会社(探偵/興信所)の
「株式会社アイヴィ・サービス」は、
国内最大手の調査業界において長年実績を積み上げ、
東京・仙台・名古屋・大阪・広島・福岡に支店を置き、日本全国に調査網を拡充し
更には海外とのネットワークを充実させ、最高水準の調査サービスを提供し続ています。

 

もちろん、法的証拠としても活用できますので、
ご検討してみてはいかがでしょうか?

 

相談無料24時間受付中 探偵事務所アイヴィ・サービス

スポンサードリンク
スポンサードリンク