夫のクレジットカードを妻が無断で使用した場合

スポンサードリンク

夫のクレジットカードを妻が無断で使用した場合

原則としてクレジットカードを他人に無断で使用された場合は、
クレジットカードの名義人は支払う義務はありません。
ただ、これが夫婦の場合となると、少し話が違ってきます。

 

夫婦といえども、それぞれに財産の管理、処分する権限があるのが
原則ですが、夫婦の共同生活に通常必要とされる
「日常家事債務」については、連帯して責任を負うと、
民法という法律は規定しています。

 

つまり、妻が夫のクレジットカードを無断使用したとしても、
それが日常家事債務にあたるものであれば、
夫は支払い義務を免れることはできないということになります。

 

「日常家事」とは?

何が「日常家事」にあたるかどうかは、
夫婦の職業、収入、資産状況、地域社会の慣習、
取引の種類、性質を考慮して判断することになりますが、
判例では、テレビ、電子レンジなどの家電や、
学習用教材の購入などについても、
「日常家事債務」にあたるとしたものがあります。

 

「日常家事債務」に該当しないものとされたのは、
ふとんの購入や、担保権の設定などがあります。

 

また、仮に日常家事債務に該当しない場合でも、
夫に支払い義務はありませんが、妻に支払い義務が生じますので、
妻が専業主婦で収入がない場合は、
結果として夫の収入で支払わなければならないことになりますので、
「家計」という単位で考えると、現実問題
同じ結果になるということになるかと思いますので、
夫婦間で話し合って今後そのようなトラブルがないよう努めるほか
ないかと思います。

 

なお、妻が購入したものを、クーリングオフや、中途解約など
の手続きで契約を解消し、ものを返品して
支払ったお金(支払い予定のお金)を返還請求できる場合もありますので、
商品、サービスの購入自体を取り消したい場合は、
そちらの手段を検討されるのがよいかと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク