ビジネスローンとカードローンの違い

スポンサードリンク

ビジネスローンとカードローンの違い

ビジネスローンとは

ビジネスローンとは、法人や個人事業主など、
事業を行っている方が開業資金や運転資金など
事業資金としてお金を借りる
法人・事業主向けのカードローンのことをいいます。

 

カードローンなどキャッシングなどは
「フリーローン」と呼ばれるように、
資金使途は限定されていませんが、
事業用の資金として使うことは認められません。

 

事業のために必要なお金を借りる場合は、
ビジネスローンを利用することになります。

 

ビジネスローンと事業融資、カードローンの違い

ビジネスローンは、消費者金融や信販会社などの貸金業者や、
三菱東京UFJ銀行などのメガバンクや、
地方銀行、信用金庫も行っています。

 

なお、ビジネスローンは、銀行、
信用金庫の行う「事業融資」とは異なるものです。

 

通常の事業融資は、
事業計画書や返済計画などを説明し、
審査に時間がかかり、
低金利で中長期的に融資がされるものですが、
ビジネスローンはもっと簡単な審査で、
融資を受けることができますが
カードローンのように高い金利となっています。

 

(なお、個人向けのカードローンは、
利用枠の範囲で自由に借り入れをすることができ、
分割で返済するのが一般的ですが、
ビジネスローンは、一回の契約で
一回の融資を受けるという形が一般的です。)
ですので、継続的な事業資金の借り入れを希望する場合は、
事業融資での借り入れを行うべきですが、
ビジネスローンは、急場をしのぐためのお金が必要な場合に、
応急処置としての位置づけで利用すべきかと思います。

 

なお、消費者金融系の個人向けのカードローンは、
総量規制の対象となり、
借り入れ総額が年収の3分の1以上の場合は、
貸付をすることはできませんが、
法人・事業主向けのカードローンの場合は、
総量規制の対象外となります。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

どのビジネスローンを選ぶべきか

法人の経営者の方や、個人事業主の方が
どのビジネスローンを利用すべきかということになりますが、
まず、メガバンクもビジネスローンを行っていますが、
金利も低く、最大融資額も5,000万円ほどのものもあり、大きくなっていますが、
中小零細企業や個人事業主が
利用するにはハードルが高いものとなっています。

 

そこそこの規模で信頼のある会社でないと、メガバンクなどの
大規模な銀行からのビジネスローンは難しい場合が多いかと思います。
(なお、メガバンクからの事業融資はさらにハードルが高く、
相当な規模でないとメガバンクからの事業融資は難しいでしょう。)

 

地方銀行や、信用金庫のビジネスローンも、
消費者金融系と比較すると、
金利が低く最大融資額が大きいですが、
申込条件や審査が厳しく、個人事業主や小規模な法人や、
設立から日の浅い法人では
銀行系でのビジネスローンが難しいので
消費者金融系を利用すべきとなります。

 

無担保・無保証人型のものであれば、
金利や融資枠面で不利になっていることが多いですが、
担保を設定すれば金利を抑えて、融資額を増やすことができます。

 

保証人のあてがない場合は、信用保証協会を利用することで
融資を受けることができますが、保証料が発生し、
金利と同様に負担が大きくなります。

 

いずれにしてもビジネスローンは応急処置的な位置づけで利用し、
可能であれば事業計画を立てた上で
通常の事業融資を受けられる方が理想的です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク