リフォームローンの特徴、公的融資、民間融資のメリット、デメリット

スポンサードリンク

リフォームローンの特徴、公的融資、民間融資のメリット、デメリット

家のリフォーム、外壁、屋根塗装を行う際は、
数十万円〜数百万円のお金が必要となりますが、
まとまったお金を準備できない場合は、銀行のリフォームローンで
融資を受けるという選択肢があります。

 

リフォームローンの公的融資と民間融資のメリット、デメリット

リフォームローンは、都市銀行や地方銀行、信託銀行、信用金庫など
民間の金融機関の多くが扱っていますが、
住宅金融支援機構の融資や
財形住宅融資、自治体住宅融資など
公的融資もあります。

 

公的融資の方が低金利で
長期間融資してもらえるメリットがありますが、
融資条件が民間のものよりも細かくなっており、
融資限度額は原則として所要額の8割までとなっています。

 

民間融資の場合は、
公的融資よりも利息は高くなってしまうものの、
比較的審査が通りやすく、
限度額の範囲内であれば
リフォーム所要額のどの程度まで
借りられるかという制限はありません。

 

リフォームローンでは持ち家に
抵当権を設定する担保を設定する場合は金利が低くなり、
無担保でも利用できるものもありますが、
金利は高くなります。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

リフォームローンを申し込む際に必要となる書類

リフォームローンを申し込む際に必要となる書類は金融機関によって
異なる場合もありますが、
一般的には次のものが必要となります。

 

・本人確認資料
運転免許証(有効期限内のもの)、パスポート(有効期限内のもの)、
印鑑証明書(発行後3ヵ月以内のもの)のいずれか1つ

 

・住民票謄本(発行後3ヵ月以内で、家族全員分の記載のあるもの)

 

・印鑑証明書(発行後3ヵ月以内のもの)

 

・健康保険証

 

・年収を確認できる資料
給与所得者…市区町村が発行する所得証明書(住民税課税決定通知書等、直近1期分)
および源泉徴収票(直近1期分)
自営業、個人事業主…納税証明書(直近3期分)および確定申告書・同付表(直近3期分)

 

・リフォームされる自宅の土地・建物の不動産登記簿謄本(発行後3ヵ月以内のもの)

 

・工事請負契約書および見積書等などリフォームに必要な費用のわかるもの

スポンサードリンク
スポンサードリンク