カードローンの自動融資の注意点

スポンサードリンク

カードローンの自動融資の注意点

カードローンの自動融資とは?

自動融資とは、銀行の普通預金口座に
残高以上のお金を引き出した場合や、
残高以上の引き落としがあった場合に、
自動的に借り入れが行われるというものです。

 

カードローンを利用する際は、
一般的には、返済用の口座として、
契約銀行の普通預金口座を開設しますが、
公共料金やクレジットカード代金の引き落としが行われる際に、
口座残高が不足している場合は、カードローンから
自動的に融資が行われるということになります。

 

この融資を申し込まなくても、
自動的にカードローンで不足部分を補填してくれる機能を
カードローンの自動融資といいます。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

カードローンの自動融資の注意点

自動融資が行われることで、
公共料金やクレジットの支払いが滞るのを避けることができるので、
メリットもありますが、カードローンの利息は低くありませんので、
結果として公共料金を延滞した延滞料金よりも
高い支払いが必要になることもあります。

 

また、自動融資が行われていることを認識していればよいですが、
気づかないうちに借り入れがされ、
延滞実績が残ると、以後、借り入れを行う際に
マイナスポイントとなってしまいます。

 

自動融資機能が付いている場合は、
口座を開設する際にその説明がありますし、
申し込み手続きは別途の申し込みが必要ですので、
知らない間についていたということはないと思いますが、
複数の口座を持って、時間が経つにつれて
忘れてしまうということは
よくありますので、注意していただければと思います。

 

なお、全ての引き落としや借り入れについて自動融資されるわけではなく、
各銀行ごとに自動融資の対象外になるものがありますので、
逆に自動融資があると思ったら、されなかったということもあり得ますので、
こちらにもじゅうぶん注意するようにしてください。

スポンサードリンク
スポンサードリンク