カードローンの与信、途上与信とは?

スポンサードリンク

カードローンの与信、途上与信とは?

カードローンの与信とは

与信(よしん)とは、文字通り
「信用を与える」ということですが、
金融機関から借り入れをする際や、
信用取引をする際に
使われる言葉ですが、カードローンの「与信」は、つまり、
カードローンの利用枠のことをいいます。

 

カードローンは利用枠の範囲で
自由に借り入れを行うことができますが、
審査の段階で、収入状況や他社の
借り入れ状況(延滞や事故歴はないか)などを含めて、
総合的に判断されることになります。

 

途上与信とは

申し込み段階で与信枠(利用枠)を定められることになりますが、
その後、カードローンを利用し、
返済期日までしっかり返済をする履歴を積み上げることで、
信頼性を高めることができ、
利用枠の増加を申し込んで認められれば、
利用枠が大きくすることができます。

 

このクレジットの利用状況や返済状況をチェック、
審査することを「途上与信」といいます。
なお、クレジットカードの場合は、途上与信の結果、
自動的に利用枠が大きくなるということがありますが、
カードローンの場合、
契約者の側から利用枠の増額を申し込まないかぎり、
自動的に利用枠が増額するということはありません。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

利用枠の増額を申し込んだ際は、
途上与信だけで審査されるわけではなく、
新規に申し込んだ場合と同様に、
総合的な審査が行われます。

 

なお、利用枠の増額を申し込んだ際に、
他社からの借り入れ状況についてですが、
他社でカードローンを申し込み、
ローンカードを受け取った場合、
一切使用していないものであっても、
そのカードローンの利用枠をすべて借り入れがある状態として、評価されます。

 

(住宅ローンの審査の際も、
同様に使っていないローンカードもマイナス評価となりますので、
それが原因で審査に通過しない場合もありますので、ご注意ください。)

 

ですので、使っていないローンカードを持っているだけで、
評価はマイナスとなりますし、
その総額が年収の3分の1に達する額であれば、
総量規制の対象となり、消費者系のカードローンの場合、
貸付を行うことができないということになりますので、
使っていないカードローンがある場合は
解約をするなどをした方がよいでしょう。

 

他社のカードローンを解約して、カードローンの利用枠を増額するメリットがあるか

他社のカードローンを解約してまで、
カードローンの利用枠を増額することにメリットがあるかどうかですが、
まず、借り入れ額が同額だとしても、
借入先が多い方が信用状況はマイナス評価を受けます。

 

つまり、一社から50万円借りるよりも、
20万円、20万円、10万円と三社から
総額50万円借りている方が信用状況は
マイナス評価を受けます。

 

ですので、一本化することで、評価面でのメリットがあるということと、
管理がしやすくなるということがメリットがあるかと思います。

 

また、利用枠の増額が認められると、
金利も少し下がる場合もありますので、
そのようなメリットもあります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク