転職直後はカードローンの審査は不利になるか?

スポンサードリンク

転職直後はカードローンの審査は不利になるか?

カードローンを申し込む際には審査があり、
さまざまな要素で総合的に判断されることになりますが、
その中で、勤務先、勤務年数についても
審査対象となります。

 

勤務先は公務員が最も評価が高く、民間企業であれば、
有名な大企業であれば評価は高くなります。
中小企業や自営業の場合は評価は低くなります。

 

また、勤務年数については、
カードローンの申し込みの段階で、
勤務年数が一定期間以上ないと
申し込めないというような制限はありませんが、
勤務年数は長ければ長いほど評価は高くなります。

 

勤務先、住まいなど総合的に継続性、信用性を判断される

ちなみに、住まいが持ち家か賃貸か、独身か既婚か、
一人暮らしか、家族と暮らしているのか、居住年数は何年か、
という点も審査の対象となりますが、
つまりは、貸金業者としては
申込者が同じ住居に長く住んでいて、
同じ会社に長く勤めている方が、
信用に繋がるということです。

 

逆に転職を繰り返し、勤続年数が短かったりすると、
今後の収入の継続性の不安材料となりますし、
賃貸住宅に独身者の一人暮らしで
居住年数が短い場合は、
言い方は悪くなりますが、
逃げられるリスクが高まるということになります。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

住宅ローンを組んで持ち家に住み、
住宅ローンを継続的に返済していれば、
返済の信用性も高まりますし、
持ち家から逃げす可能性は少ないだろう
ということで信用性が高まることになります。

 

転職する際につなぎの資金としてカードローンを考えるのは大変危険です

勤続年数も信用性を判断するひとつの材料として、
扱われますので、もし、転職を考えている場合や
引っ越しを考えている場合は、
その前にカードローンを申し込んだ方が、
審査の印象はよいと思います。

 

くれぐれも仕事をやめてから、
次の就職までのつなぎ資金として、
カードローンを申し込もうと考えないようにしましょう。

 

まず、仕事を探している無職の状態では
カードローンを利用することはできませんし、
仕事を辞める前に借り入れをして、
そのお金をあてにするのは、大変危険です。

 

カードローンの金利は低くありませんので、
返済期間が伸びれば伸びるほど、
借金は膨れ上がっていくことになります。
ですので、転職を考える場合は、自身の収入を貯蓄して資金を準備するなど
無理のない計画を立てるようにしましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク