カードローンの選び方、チェックすべきポイント

スポンサードリンク

カードローンの選び方、チェックすべきポイント

カードローンを扱う会社は、大きくわけて消費者金融系の会社、
銀行系の会社の二種類がありますが、
ひとつの会社が複数のカードローン商品を
扱っている場合が普通ですので、
さまざまな種類がありますが、
貸金業法という法律が改正された影響もあり、
中小の貸金業者の多くは淘汰され、
現在は大手の消費者金融系が残り、
その大手の消費者金融のほとんどが
銀行と提携をして業務を行っています。

 

大手消費者金融のほとんどが銀行と提携している

アコムと三菱東京UFJ銀行、プロミス、モビットと三井住友銀行
ノーローンと新生銀行と提携をし、レイクは新生銀行に吸収され
大手の消費者金融で銀行と提携をしていないのは、
アイフルぐらいではないでしょうか。

 

ですので、消費者金融系と銀行系があるといったものの、
一体化している場合が多いです。

 

消費者金融系と銀行系の違い

消費者金融系と銀行系では、
業務面では共通する点も多くなっていますが、
異なる点は、総量規制という法律上のしばりを
受けるか受けないかという点があります。

 

消費者金融系の場合は、
申込者が年収の3分の1以上の借り入れをしている場合、
融資を行ってはならないことになっていますが、
銀行系の場合は、総量規制の対象外ですので、
それ以上の貸付をすることは可能です。

 

とはいえ、法律上可能だからといって、
かならずしも融資が受けられるという意味ではありません。

 

当然、借り入れの額や、借り入れ先が多くなればなるほど、
審査は通りにくくなります。

 

ですが、総量規制にかかる借り入れをしている場合は、
消費者金融系に申し込んでも
借り入れできる可能性はありませんが、
銀行系の場合、可能性がゼロではないという意味で、
選択肢は銀行系を選ばざるを得ないということになります。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

カードローンの選び方

カードローンの借り入れ先を選ぶ際は、大
手の中から選ぶことになりますが、
金利、利用枠を比較して選ぶのが最大のポイントですが、
その他の重要な点としては、
お住まいの地域のATMの設置数、設置場所です。

 

カードローンをつかって、お金を借りる際はATMでお金を借りて、
返済もATMに入金して行うことになりますので、
お近くにATMがあることが必要です。

 

また、ATMの設置場所の利便性に差がない場合は、
ATMの手数料について差がないか確認しましょう。
手数料に差がある場合は、お金の出し入れをする度に
少しずつ差が出ますので、小さな差を繰り返すことで、
次第に大きな差となりますので、
そういった利便性もしっかり確認して、
カードローン会社を選ぶとよいでしょう。

 

カードローンを利用している事を周囲に知られたくない場合は

なお、カードローン専用のローンカードを持っていると、
カードローンを利用していることが周囲にバレてしまうことがありますので、
そういったことを嫌う場合であれば、銀行のキャッシュカードに
カードローン機能を付帯させることができるものもあります。

 

キャッシュカードでカードローンを利用できれば、
通常の銀行のATMでお金を借り入れることができますので、
周囲からは自分の預貯金を引き出し、
預け入れしているのと区別がつきません。

 

ですので、そういった周囲の目が気になる方が、
銀行のキャッシュカードにカードローンを
付帯させるという選択も検討してみるとよいでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク