銀行系カードローンと消費者金融系カードローンの審査で違いはあるか?

スポンサードリンク

銀行系カードローンと消費者金融系カードローンの審査で違いはあるか?

近年は消費者金融と銀行の多くは提携している

カードローンは、消費者金融系のものと、銀行系のものがあり、
いずれの場合も審査がありますが、
銀行系カードローンの審査が甘いというイメージが広がりつつあるようですが、
必ずしもそのようなことはないようです。

 

近年は、大手の消費者金融系の多くが
銀行と提携をしています。

 

アコムと三菱東京UFJ銀行、
プロミス、モビットと三井住友銀行
ノーローンと新生銀行と提携をしています。
(大手の消費者金融で銀行と提携をしていないのはアイフルで、
レイクは新生銀行に吸収されました。)

 

消費者金融と銀行が提携しているということで、
銀行が行っているカードローンは、
もともと銀行にはカードローンのノウハウを持っていないので、
提携している消費者金融業者のノウハウを踏襲していることがあり、
ほぼ銀行系のカードローンも
消費者金融業者のノウハウで行われているようです。

 

実際に審査を申し込んだ方の経験談を聞きますと、
銀行系で審査に落ちたけれども、
消費者金融系で通過したという場合もあれば、
その逆もありますので、多くの場合、
カードローンは銀行系と消費者金融系で差があるというよりは、
業者ごとによっての違いがあると考えられると思います。

 

消費者金融には総量規制があるが、銀行は総量規制対象外

なお、総量規制という法律上の制限があり、消費者金融は
申込者が年収の3分の1以上の借り入れを超えている場合は、
貸し付けをすることができませんが、
銀行の場合は総量規制の対象外ですので、
貸付をすることはできます。

 

ただし、法律上融資が可能だからといって、
消費者金融から借りられないほどの
借り入れしているからといって、
銀行系カードローンであれば融資してもらえるというものではなく、
信用状態が悪いということで審査に通過しない可能性もあります。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク