カードローンを利用する際に保証人、担保は必要か?

スポンサードリンク

カードローンを利用する際に保証人、担保は必要か?

基本的にカードローンは保証人、担保は不要

カードローンを利用する際は、
基本的には保証人、担保は不要ですが、
申込者が、学生や専業主婦という場合、
保証人として求められることが多いですが、
ご自身の収入がある場合でも、
稀なケースではありますが、
保証人を求められる場合もあります。

 

なぜ、保証人が求められるか、
金融機関からは伝えられませんが、
過去の借り入れ、返済の状況などの
信用状態が芳しくない場合に、
保証人を必要とされることが多いようです。

 

保証人を引き受けてくれる人を見つけるハードルは高い

信用状態のある保証人をつけることができれば、融資はおりますので、
審査は前向きに進んでいると考えることができますが、
カードローンの保証人を引き受けてくれる人を見つけるには
なかなかハードルが高いです。

 

まず、保証人として認められるのは、
収入状態、信用状態がある方でなければ
なりませんので、収入のない専業主婦の奥さんや、
退職して年金収入のみのご両親などの場合、保証人として
認められないこともあります。

 

また、保証人になるということは、
主債務者とほぼ同じ立場となりますので、
お願いする場合、かなりハードルが高いです。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

連帯保証人は主債務者とほぼおなじ

一般的に主債務者の返済が滞った場合に、
保証人の方に請求がいくということになりますが、
法律上は、主債務者よりも先に
保証人に請求することもできます。

 

貸金業者(債権者)が主債務者からの回収が厳しいと感じたら、
すぐに保証人に請求ができますし、
保証人は「主債務者がお金を持っているはずだから、
まずはそっちから回収してくれ」という言い分は通用しません。

 

債権者は、任意での回収が見込めない場合は、
主債務者の財産はもちろん、
保証人の財産を差し押さえて、
強制的に回収するということもできます。

 

ですから、保証人をつけた場合、返済が滞ると、
保証人に大きな迷惑をかけることになり、
保証人になってくれるほどの人間関係を
壊してしまうことにもなりますので、
保証人を依頼する場合、他人から保証人になることを頼まれた場合は、
じゅうぶんに注意しましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク