カードローン返済を延滞した場合のリスク、デメリット

スポンサードリンク

カードローン返済を延滞した場合のリスク、デメリット

今回はカードローン返済を滞った場合のリスクについて説明します。

 

カードローンの返済を滞った場合には、
ATMで入金が間に合わなかった場合など、
支払いできなかったことを自覚している場合でなく、
返済できるお金はあったものの、指定口座にお金がなく、
返済日に残高不足で引き落としできない場合も、
返済が遅滞となりますので注意が必要です。

 

 

遅延損害金

返済日に支払いができなかった場合、
利息とは別に迷惑料として、
遅延損害金というものが発生します。

 

カードローンの遅延損害金利率は、一般的には
銀行、消費者金融も20%となっています。

 

返済が遅れた場合は

返済日に支払いが間に合わない場合は、
カードローンの場合、
3ヶ月間借り入れができなくなってしまいます。

 

また、貸金業者が加盟する信用情報機関が共有するデータに
延滞の履歴が残ることになります。

 

返済を3ヶ月滞納をすれば金融事故として、
記録が残り、5年〜10年残りますので、
以後、他社を含めて借り入れをする際のダメージとなってしまいます。

 

延滞期間が短ければ1回、2回程度の遅延では
さほど大きなダメージにはなりませんが、
数ヶ月単位の滞納は以後借り入れをする際に
大きなダメージとなります。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

金融機関から支払いが確認できない旨と
入金のお願いのハガキが届くことになりますが、
最初の延滞の段階から何度も電話がかかってきたり、
直接取り立てにくるということは
最近の貸金業者ではないと考えてよいでしょう。

 

返済日にお金が準備できず、
返済が遅れる場合は、
まず担当者にその旨を連絡するようにしましょう。

 

連絡をしても、返済の延滞の履歴が残ることになりますが、
印象はかなりよくなりますし、
今後の関係にも影響しますので、
必ず自分から先に連絡を入れておいた方がよいでしょう。

 

返済ができない場合にしてはいけないこと

返済ができず後ろめたい気持ちはわかりますが、
くれぐれも貸金業者からの連絡を
無視したりしないようにしましょう。

 

貸金業者との信頼関係を失うと
以後、借り入れをできないだけでなく、
取り立てや差し押さえなどの強制的な回収方法にうつることになりますので、
必ず、貸金業者に連絡をするようにしましょう。

 

また、返済する費用を他の金融業者から
借り入れをして返済するということをすると、
借金が雪だるま式に増えていく泥沼にハマってしまうことになりますので、
避けるようにしましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク