カードローンを利用する際に必要な書類

スポンサードリンク

カードローンを利用する際に必要な書類

カードローンを申し込む際には審査がありますが、
審査に必要なもの、本人確認に必要なものとして、
必要な書類があります。

 

カードローンを申し込む際の本人確認書類

本人を確認する書類としては、運転免許証が一般的ですが、
運転免許証がない方の場合、
パスポートの写真・住所の記載のページ、
印鑑証明書、住民票、住民基本台帳カード、
健康保険証などの中から、
ひとつまたは複数のコピーが必要となります。

 

なお、運転免許証など証明書類発行後に転居し、
現在の住所と異なる場合、
現在の住所が記載されている
公共料金(都市ガス・電気・水道・固定電話(NTT)・NHK)の領収書、
住民票の写し、印鑑証明書なども必要となります。
(※いずれも発行日から6ヵ月以内のものに限ります。)

 

 

カードローンを利用する際に必要な収入を証明する情報

カードローンで借り入れをする場合、契約額が100万円を超える場合は
収入を証明する書類が必要となります。
収入を証明する情報は原則として必要はありませんが、
総量規制対象のカードローンの場合は、
他社の借り入れ額と合算して100万円を超える場合は、
収入を証明する書類の提出が必要となります。
専業主婦の方も利用できるカードローンの申し込みの場合は、
配偶者の収入を証明する書類が必要となります。

 

 

サラリーマン、公務員の方(給与所得者)

・源泉徴収票
(「公的年金等の源泉徴収票」および「退職所得の源泉徴収票」は除く)
・所得証明書

 

これら前年度(直近分)のものが必要ですが、準備できない場合は、
直近の(3ヵ月以内の連続2ヵ月分)の給与明細書でかわりとなる場合もありますが、
記載内容が手書きの場合は、担当印のみでは足りず、
発行元の社印もしくは社判が必要となる場合が多いです。

 

自営業・個人事業主の方

・住民税決定通知書または課税証明書
・納税証明書
(市民税・県民税の特別徴収税額の決定・変更通知書など)

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク