クレジットカードのキャッシング枠とは別途のカードローン

スポンサードリンク

クレジットカードのキャッシング枠とは別途のカードローン

クレジットカードには
ショッピング機能とキャッシング機能があります。

 

ショッピング機能では限度額の範囲内で
買い物などでクレジットカードを提示することで、
カード発行会社が代わりに支払いを行い、
後日、カード発行会社が利用者に請求する
というもので、キャッシング機能では、
そのクレジットカードをつかって、お金を借りることができます。

 

クレジットカードに別途でカードローンを発行することができる

クレジットカードには、お金を借りることができる
キャッシング機能がついている場合が
一般的ですが、これとは別途で、
カードローンを発行し、借り入れを行うことができます。

 

これはキャッシング枠とは別枠で、
キャッシングの限度額を増額する場合とも異なります。

 

新たにカードローンを発行する場合には、
クレジットカードの入会審査とは別に、
カードローンの審査があります。

 

カードーローンの審査はクレジットカードの入会審査よりもやや厳しめの
審査となっています。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

キャッシング枠と別途発行したカードローンの違い、メリット

クレジットカードにはあらかじめキャッシング枠がついていますので、
その範囲でお金を借りることができますが、
これとは別にカードローンを発行する場合の意味、メリットを説明します。

 

まず、クレジットカードのキャッシング枠は、
ショッピング枠に含まれているという状態になっていますので、
キャッシングを使うと、
借りたお金のぶんショッピング枠が減ることになります。

 

例えば、ショッピング枠50万円、
内キャッシング枠20万円となっている場合、
キャッシング枠の20万円を使うと、
ショッピング枠では20万円ぶん減り、
使える枠は30万円となります。

 

これに対して、カードローンを発行し、キャッシングすることで
ショッピング枠に影響を与えずにお金を借りることができます。

 

単純にキャッシング枠にプラスして
借りることができる幅が広がるのもそうですが、
キャッシング枠の場合は20万円、
30万円あたりの限度額からスタートするのが
一般的で、この枠を広げるのは容易ではなく、
広げることができても
100万円程度が限界ですが、カードローンの場合は、
500万円以上の限度額となる場合もあります。

 

また、金利の面ではカードローンの方が
金利が低いのが一般的です。

 

キャッシングの金利はカード発行会社や
カードの種類によっても異なりますが、
一般的には15%〜18%程度で、
消費者金融からお金を借りる場合と
ほぼ同じぐらいの高い金利となりますが、カードローンは会社にもよりますが、
もっと低金利なのが一般的です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク