カードローンとフリーローンの違い、メリット、デメリット

スポンサードリンク

カードローンとフリーローンの違い、メリット、デメリット

カードローンとは

カードローンとは、銀行や
消費者金融の提供する個人向けの無担保ローンで、
クレジットカードやキャッシングカード、ローンカードを利用して、
窓口やATMやキャッシュディスペンサーで
お金を借りることをいいます。

 

返済は分割払いとすることができ、
カードローンは限度額内で
何度でも借りたり返したりができます。

 

カードローンの融資額は小口のものから
1,000万円までできるものがあり、
金利も金融業者や融資額によっても異なりますが、
3.0〜18%まで幅広く、
一般的にはキャッシングよりも金利が低くなっています。

 

フリーローンとは

フリーローンとは、大きな意味では、
借りたお金の使途を限定されないものを
指していうことがあります。

 

住宅ローン、自動車ローンなど
使用目的を定めてローンを組む以外のものを
ひっくるめてフリーローンと言ったりしますが、
その意味では、カードローンも
フリーローンの一種ということになりますが、
この大きな意味でのフリーローンではなく、
主に銀行が取り扱っている個人向けローン商品のひとつとして、
「フリーローン」というものがあります。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

カードローンとフリーローンの違い

カードローンとフリーローンの違いは、
カードローンの場合は、限度額の範囲内であれば
何度でもお金を借りることができますので、
借金を完済しないうちに新たに借り入れをすることもできますが、
フリーローンの場合は、一括でお金の融資を受け、
毎月返済していくことになりますが、
追加で融資をしてもらうということはできません。

 

さらにお金が必要な場合は、別口で融資を申し込んで、
別個の契約としてする必要があります。

 

なお、個人向けのカードローン、
フリーローンはいずれの場合も
資金使途は限定されませんが、
事業に必要な資金にあてることはできません。

 

審査の方法、基準に大きな違いはありませんが、一般的に
フリーローンの方が審査が通りやすく、
金利はカードローンのほうが
やや高めとなることが一般的のようです。

 

ですので、カードローンとフリーローンを検討する場合は、
フリーローンの方から試してみてもよいかもしれません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク