キャッシングとクレジットの違い

スポンサードリンク

キャッシングとクレジットの違い

キャッシングとは

キャッシングとは、短期で借りる小口融資で、
消費者金融からお金を借りること、クレジットカードを利用して
ATM、キャッシュディスペンサーなどから
お金を借りることをいいます。

 

返済は翌月に一括払いとなります。

 

キャッシングの金利は、消費者金融の場合も、
クレジットカードのキャッシング枠を利用した場合も、
100万円未満の場合で18.0%、100万円以上で15.0%という
法律の定めるの上限金利に限りなく
近い金利が多いようです。

 

クレジットとは

クレジットとは、「信用」という意味ですが、クレジットカードには
ショッピング機能とキャッシング機能があります。

 

ショッピング機能では限度額の範囲内で
買い物などでクレジットカードを提示することで、
カード発行会社が代わりに支払いを行い、
後日、カード発行会社が利用者に請求する
という流れになります。支払いは一括払い、
ボーナス一括払い、分割払いから選択することができます。

 

通常、一括払いでは手数料はかかりませんが、
分割払いの場合は、手数料が発生します。

 

キャッシング機能では、そのクレジットカードをつかって、
お金を借りることができます。

 

キャッシングの金利はカード発行会社や
カードの種類によっても異なりますが、
一般的には15%〜18%程度で、
消費者金融からお金を借りる場合と
ほぼ同じぐらいの高い金利となります。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

キャッシングとクレジットの違い

キャッシングとクレジットカードの違いですが、
クレジットカードのキャッシング機能も
「キャッシング」と呼ばれるものの一種ですので、
ややこしいですが、
消費者金融からお金を借りることも含めた「キャッシング」と、
クレジットカードのショッピング機能を比較した場合の違いは
主に次の点があげられます。

 

ショッピング機能

キャッシング…ない
クレジットカード…ある

 

返済方法

キャッシング…口座引き落とし、ATM返済、振込返済など
クレジットカード…口座引き落としのみ

 

利用可能年齢

キャッシング…20歳以上
クレジットカード…18歳以上

スポンサードリンク
スポンサードリンク