キャッシングとカードローンの違い

スポンサードリンク

キャッシングとカードローンの違い

キャッシングとは

キャッシングとは、短期で借りる小口融資で、
消費者金融からお金を借りること、クレジットカードを利用して
ATM、キャッシュディスペンサーなどから
お金を借りることをいいます。

 

返済は翌月に一括払いとなります。

 

キャッシングの金利は、消費者金融の場合も、
クレジットカードのキャッシング枠を利用した場合も、
100万円未満の場合で18.0%、
100万円以上で15.0%という
法律の定めるの上限金利に限りなく
近い金利が多いようです。

 

カードローンとは

カードローンとは、銀行や
消費者金融の提供する個人向けの無担保ローンで、
クレジットカードやキャッシングカード、ローンカードを利用して、
窓口やATMやキャッシュディスペンサーでお金を借りることをいいます。

 

返済は分割払いとすることができ、
カードローンは限度額内で
何度でも借りたり返したりができます。

 

カードローンの融資額は小口のものから
1,000万円までできるものがあり、
金利も金融業者や融資額によっても異なりますが、
3.0〜18%まで幅広く、
一般的にはキャッシングよりも金利が低くなっています。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

キャッシングとカードローンの違い

キャッシングとカードローンは、お金を借りるということや、
利用の仕方については、
キャッシングとカードローンで違いはほとんどありませんが、
最大の違いは返済方法です。

 

キャッシングの場合は返済方法は、
翌月に一括払いとなりますが、
カードローンは分割払いとなります。

 

利息は業者により異なりますが、一般的にキャッシングは高めで、
カードローンは低めとなっており、
分割払いで返済がラクに感じることから、
ついついカードローンで借りて、
少しずつ返済するということをしがちな方も
多いですが、返済額を少なくして
借りている期間が長くなればなるほど、
利息として支払う金額が大きくなっていきますので、
注意が必要です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク