キャッシングの審査に通る人、落ちる人の違い

スポンサードリンク

キャッシングの審査に通る人、落ちる人の違い

キャッシングを利用しようとする際には、審査がありますが、
今回は審査に通る人と落ちる人の違いについて説明します。

 

審査に落ちる人

無職、専業主婦

まず、審査に落ちる人としては、無職、専業主婦の場合、
カードローン、キャッシングを利用するのはまず難しいです。

 

年金収入のある無職の方の場合、
消費者金融からのキャッシングは難しいですが、
銀行のカードローンの場合、
利用できる場合もあります。

 

借り入れの総額が年収の3分の1を超えている

金融機関は、加盟している信用情報機関で、
借入先や借入額を調べますが、
総量規制というものがあり、
年収の3分の1を超えている人に対して
消費者金融は融資できないという
法律上の縛りがあります。

 

銀行のカードローンであれば総量規制対象外ですので、
融資を受けられる可能性があります。

 

個人信用情報機関に事故情報がある

過去に借り入れをして、返済が滞っている場合や、
自己破産などをしているなどの場合、
審査が通らないことが多いです。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

在籍確認が取れない、申込みに虚偽があることがバレた

勤務先として伝えた会社で、
在籍の確認が取れない場合や、
勤続年数を偽って伝えバレた場合などは審査が通りません。

 

会社の健康保険証を提出する際は、
資格取得日などが記載されていますので、
勤続年数はそこでわかりますので、
嘘はつかないようにしましょう。

 

短期間に何社にも借り入れを申し込んでいる

短期間に複数業者に借り入れの申し込みを行うと、
金融機関どうし、加盟している
信用情報機関でそのことを知っていますから、
かなりお金に困っているという印象を与え、
審査を落とされる場合があります。

 

キャッシングの審査に通る人

キャッシングの審査に通りやすい人は、
正社員としてその会社に1年以上の勤務実績があり、
年収が200万円以上であれば、
かなり高確率で審査に通るでしょう。

 

公務員や大手企業に勤務している場合は
さらに審査に通りやすいです。

 

賃貸ではなく、自己所有の持ち家で住宅ローンも継続して
滞りなく支払っている場合はさらに評価は高くなります。

 

ただし、こういった状況でも過去に返済が滞った履歴がある場合や、
現在、他社からも借り入れが多い場合は
審査に落ちることもあります。

 

なお、希望借り入れ額は
少なければ少ないほおど審査に通りやすくなりますので、
消費者金融からのキャッシングをする際は、
必要最低限のお金にとどめておき、
返済が滞ると履歴にキズがつき、以後の借り入れの審査が通りにくくなりますので、
できるかぎり滞りなく返済するようにしましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク