失業中、無職の人がキャッシング、カードローンでお金を借りられるか

スポンサードリンク

失業中、無職の人がキャッシング、カードローンでお金を借りられるか

失業中、無職の方が次の就職先、バイト先を見つけるまでの
つなぎのお金が必要となり、
消費者金融でのキャッシング、カードローンを考える場合も
あるかと思いますが、結論から先に言ってしまうと、
無職の状態で審査に通ることはまずありませんので、
借り入れすることは難しいでしょう。

 

クレジットカードを持っている場合は、
クレジットカードについたキャッシング枠で
融資を受けることができる場合もありますが、
この場合の金利は消費者金融の
キャッシング並の高い金利となっていますので、
あくまでつなぎ資金として利用し、
すぐに収入を確保できる道を探す必要があります。

 

なお、専業主婦の方も無職の方と同様に
消費者金融から借り入れすることは難しいですが、
銀行カードローンの中には専業主婦でも申込みができるものがあり、
三菱東京UFJ銀行であれば、
夫の収入証明書なしで借り入れすることもできます。

 

無職でも融資をするとうたっている業者がある場合は、
違法な金利で融資をする悪徳業者と考えた方がよいです。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

そのようなところからお金を借りてしまうと、返済できる可能性は
非常に低く、延々と利息のみを
支払い続ける泥沼状態が目に見えていますので、
決して手を出さないように注意してください。

 

正社員でなくても、アルバイトやパートでも
継続的に収入のある方であれば、
年収が200万円以下の場合でも審査に通ることはありますが、
無職の場合は、
申し込み自体ができないとなっているのが通常です。

 

ですので、現在無職であれば、
金融業者でお金を貸してくれるところを探すよりも、
働き口を探すことを優先した方がよいでしょう。

 

なお、勤め先から突然の解雇を告げられ、
無職になった場合は、
解雇予告手当などを受け取ることができたり、
また、その解雇自体が合理的でない場合などは、
損害賠償請求できる場合もありますので、
解雇について納得できない場合は、
弁護士などに相談し、
前の勤め先に対して受け取れるお金を請求できることもあります。

 

また、いわゆるブラック企業と呼ばれる勤め先の場合は、
本来支払われるべき、残業代などが
支払われていなかった場合なども
多くありますので、解雇されてしまって
無職の方は弁護士に相談することで、
活路を見出すことができる場合もあるので、
まずはそちらを検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク
スポンサードリンク