キャッシングの自動審査、スコアリングシステム

スポンサードリンク

キャッシングの自動審査、スコアリングシステム

キャッシング、カードローンを申し込む際には審査がありますが、
最終的な本審査の前に、
スコアリングと個人信用情報機関のデータを元に
コンピューターシステムによる自動与信(自動審査)が行われます。

 

早ければ30分程度で自動審査が終了し、
その審査に通過すれば、申込内容に虚偽がなく、
添付書類に不備がなければ
本審査が通る可能性が高いと考えられます。

 

なお、自動審査は、
信用情報機関のデータを参照して行うため、
9時〜21時の時間内に申し込めばすぐに行われまが、
時間外に申し込んだ場合、
結果が出るのは翌日以降となります。

 

ちなみに審査に落ちた場合は
連絡が早いと言われています。

 

自動審査のスコアリングの重要なポイント

キャッシング、カードローンを申し込む際の自動審査は
スコアリングシステムで行われますが、
主に次の点が対象となります。

 

なお、評価基準はそれぞれの金融機関によって異なりますので、
一般的な評価基準について説明しますが、
必ずしもこの通りではない場合もあることを
ご了承ください。

 

年齢

年齢は20代後半から60歳近くまで
年齢が上の方がスコアが高いとされていますが、
60歳を過ぎてからはスコアが下がっていくとされています。

 

住宅状況

評価の高い順位としては次の通りです。

 

@持ち家A社宅B賃貸C公営住宅

 

持ち家で住宅ローンを継続的に滞りなく返済している場合、
評価は高くなります。

 

居住年数

居住年数は長ければ長い方がよいです。

 

引っ越し予定がある場合は、
引っ越し前に申し込みをした方がよいかもしれません。

 

なお、引越前にどんなに長い期間同じ所に住んでいても、
引越し後の居住年数のみが判断されます。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

配偶者の有無

一般的には既婚者の方が社会的信用が高いとされますが、
独身者の方が自由に使えるお金が多いということもあり、
金融機関がその点をどう評価するかは、
年齢や状況によっても異なるかと思います。

 

家族構成、同居家族の人数

家族人数は多い方が一般的に評価は高くなりますが、
扶養家族が多いとマイナスになることもあるようです。

 

独身で家族同居している場合が最も評価が高くなり、
独身で一人暮らしの場合、簡単に引っ越すことができるので
最も評価が低くなります。

 

勤め先・職業

公務員が最も評価が高く、
次いで大手企業、中小企業、自営業となります。
なお、無職の場合はその時点で
審査に落ちるのが一般的です。

 

勤続年数

勤続年数は長ければ長いほどよいです。
なお、会社の健康保険証を提出する際は、
資格取得日などが記載されていますので、
勤続年数はそこでわかりますので、
嘘はつかないようにしましょう。

 

年収

年収は基本的に多い方がよいですが、
200万円以上であれば、
審査に通る可能性は高くなりますし、
200万円以下であっても通る可能性はあります。

 

無担保借り入れの有無

他社での借り入れの件数、総額がチェックされます。

 

同じ100万円の借り入れだとしても、
1社から100万円借りている場合よりも、
25万円ずつ4社から借りている方が評価は悪くなりますので、
借入額が残っている場合、可能な限り返済し、
おまとめローンで借り入れ先をまとめるなどをした方がマイナス評価を
小さくできるでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク