クレジットスコアを上げるためのポイント

スポンサードリンク

クレジットスコアを上げるためのポイント

クレジットスコアとは

クレジットカード、ローン、キャッシングなどで
借り入れをする際の審査は、
近年は30分程度で審査が終了するものもあります。

 

これは申込者が入力したデータを元に機械的に点数をつけて、
審査を行うことによるものですが、この時の点数を
「クレジットスコア」と呼んでいます。

 

クレジットスコアだけで審査の可否が
決まるわけではありませんが、
クレジットスコアの点数が低いだけで審査は落ちますし、
審査の中でかなり大きなウエイトを
占める部分となっています。

 

クレジットスコアは、金融機関が加盟する
信用情報機関にデータを照会して、
算定することになりますが、各信用情報機関に
「本人開示制度」をすることによって、
自分のデータを見ることができます。

 

クレジットスコアを決める際の重要なポイント

クレジットスコアを決める際に重要なポイントは、
過去の返済履歴、現在の借入残高を中心に、
借り入れ口座の保有歴や種類などが見られます。

 

過去に返済の遅れ、滞りがある場合や、
現在の他社からの借り入れが
多い場合はマイナス評価となりますが、
一度もクレジット契約がなかったり、
借り入れ、返済履歴のない人は
スコア無しということになりますが、
借り入れをして返済した履歴があった方が
スコア無しよりも高く評価されることになります。

 

過去に借り入れがない場合、
クリーンなイメージがあると思いますが、
履歴がないと、その人が初めて借り入れをして、
しっかり返済してくれるかどうかの
判断材料がないことになりますので、
貸し手としては、過去に借り入れをして、
しっかり返済をしているという情報の方が、
判断材料があるので評価が
高くなるということになるでしょう。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

クレジットスコアを上げるためのポイント

クレジットスコアを上げるためにできることとしては、
クレジットカードを複数枚所有している場合は、
普段使用する2〜3枚に絞って、
他のクレジットカードを解約し、
クレジットカードの枚数を減らした方がよいでしょう。

 

クレジットカードは継続的に使用し、支払いは滞り無くすることで、
クレジットスコアを上げることができます。
限度額の20〜30%を継続的に使用することで
クレジットスコアは上がると言われています。

 

キャッシング、カードローンも同様に複数社と契約している場合は、
可能な限り絞るようにしましょう。
使っていないものがあれば解約をした方がよいでしょう。

 

キャッシングやカードローンで借り入れをする際は、
その事自体で評価のマイナスにつながることが多いので、
借入額は必要最低限の額に抑えて、
滞りなく返済するようにしましょう。

 

同じ100万円の借り入れだとしても、
1社から100万円借りている場合よりも、
25万円ずつ4社から借りている方が評価は悪くなりますので、
借入額が残っている場合、可能な限り返済し、
おまとめローンで借り入れ先をまとめるなどをした方がマイナス評価を
小さくできるでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク