当番弁護士と国選弁護人の違い

スポンサードリンク

当番弁護士と国選弁護人の違い

当番弁護士と国選弁護人という言葉があり、
その違いがわからない方も多いと思いますが、
まずざっくり簡単にいいますと、
当番弁護士は弁護士会の「当番」の弁護士で、
国選弁護人は文字通り
「国が選んだ」弁護士ということになります。

 

当番弁護士は、逮捕直後に
無料の法律相談が一回できるということで、
国選弁護人は、勾留後又は起訴後に弁護活動全般を
無料で行ってくれる弁護士です。

 

以下もう少し詳しく説明します。

 

当番弁護士とは?

当番弁護士は弁護士会の行っているサービスで、
逮捕や身柄を拘束された場合に、
弁護士が初回の接見(面談)を
無料でしてくれる制度です。

 

2回目以降は有料という建前となっています。

 

その際に、その弁護士に弁護を依頼する場合は、
私選弁護人として費用がかかることになります。

 

また、依頼を申し出た場合でも
弁護士には依頼を断り、受任しない自由があります。

 

信頼している弁護士がいる場合は、
当番弁護士を呼ばずに、
私選弁護人を呼んだ方がよいでしょう。

 

日弁連刑事弁護センター 当番弁護士連絡先一覧
http://www.nichibenren.or.jp/activity/criminal/reforming/kokusen_touban/keiben_c.html

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

国選弁護人とは?

国選弁護人は、国が費用を負担し、
弁護士が弁護活動をしてくれるものです。

 

国選弁護人を資産(預貯金)が50万円を
下回る場合に選任を依頼することができます。
(裁判所に国選弁護人の選任を
希望する申告書に資産状況を記入しますが、
実際に預貯金が50万円を下回るかどうかは、
そこまでしっかり調査されないようですが、
これに嘘の記入をすることは違法行為で罰せられますので、
虚偽の記載をしないようにしましょう。)

 

被疑者が私選弁護人を
選任できない旨を裁判所に申し出た後、
裁判所が各弁護士会に依頼することで選任されます。
選任される国選弁護人を
被疑者が選ぶことはできません。

 

国選弁護人、私選弁護人のメリット、デメリット

国選弁護人が選任されると、私選弁護人と同様に、
弁護活動全般を行ってくれますが、
もし、個人的に信頼している弁護士がいる場合などは、
できるだけ早い段階で
私選弁護士に相談することをおすすめします。

 

私選弁護人の場合、
事件に関与できるタイミングが国選弁護人よりも早く、
捜査段階からかなり違った展開にすることができますし、
被疑者の精神的な不安、
ストレスもかなり軽減されます。

 

また、私選弁護人の方がモチベーションが高いので、
より被疑者のために動いてくれることが期待できます。

 

ということで、資力のない場合は
国選弁護人のシステムを利用すべきですが、
資力のある場合は、
私選弁護人に依頼することをおすすめします。

 

被疑者のご家族の方が弁護士を探して
依頼することも可能ですので、
ご家族の方が逮捕された場合などはできるだけ早く、
刑事事件に強い弁護士にご相談ください。

スポンサードリンク
スポンサードリンク