交通刑務所の生活、面会について

スポンサードリンク

交通刑務所の生活、面会について

「交通刑務所」とは

「交通刑務所」とは、
業務上過失致死傷罪や危険運転致死傷罪
などといった罪にあたる死亡事故、
飲酒運転、ひき逃げ、無免許運転など、
悪質な道路交通法違反や交通事故などを犯して
実刑判決を受けた者を専門に
収容するための刑務所で、
法律上「交通刑務所」という施設が設置されているわけではありませんが
いってみれば通称的な呼び名です。

 

市原刑務所、加古川刑務所などが代表的です。

 

交通刑務所の生活

「新入寮」からスタートし「準開放寮」、
「開放寮」、「希望寮」と、次第に居室の
自由度、快適度がステップアップしていきます。

 

新入寮と準開放寮は鉄格子で塞がれていますが、
解放寮、希望寮には鉄格子がありません。

 

交通刑務所は、刑務作業も行いますが、
交通安全に関する指導や教育が行われるのが特徴で、
一般の刑務所よりも規則が緩く、
自由度が高い施設になっています。

 

なお、懲役刑で収容された受刑者は
刑務作業が義務付けられますが、
禁固刑者は労働義務が発生しません。

 

交通刑務所受刑者との面会

面会の受付は市原刑務所の場合、
次の時間に受付をおこなっていますので、
事前に希望の時間に面会が可能か電話で
問い合わせてみるとよいでしょう。

 

(平日) 8:30〜16:00
(土・日曜日)
(午前)10:00〜10:30
(午後)12:30〜14:00

 

市原刑務所 〒290-0204 市原市磯ケ谷11−1
電話番号 0436-36-2351

 

法務省HP 全国の矯正管区・矯正施設・矯正研修所一覧
http://www.moj.go.jp/kyousei1/kyousei_kyouse16-03.html

スポンサードリンク
スポンサードリンク