少年鑑別所での生活、面会、差し入れについて

スポンサードリンク

少年鑑別所での生活、面会、差し入れについて

少年鑑別所

少年鑑別所は、各都道府県に1ヵ所ずつ
(北海道は4ヵ所、東京と福岡は2ヵ所)置かれ、
全国に52庁あります。

 

少年鑑別所では、主に家庭裁判所から
観護措置の決定によって送致された少年を、
通常4週間、最大8週間収容し、少年の身柄を保全し、
非行の原因や改善のための処遇決定の資料とするために、
医学、心理学、社会学、教育学などの専門的知識や技術によって
少年の心身の鑑別を行い、
専門的な調査や診断を行います。

 

調査、診断の結果は、
家庭裁判所に鑑別結果通知書として送付され、
審判や少年院、保護観察所での指導・援助に活用されます。

 

なお、少年鑑別所では家庭裁判所から送致された場合以外に、
一般相談も受付ており、少年本人のほか、
保護者や学校の先生などからの
非行、いじめ、家庭内暴力、
交友関係、引きこもり、しつけなどについて
臨床心理学等の専門家の相談することができます。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

少年鑑別所での面会

近親者、保護者、付添人(弁護士)などが
面会をすることができます。

 

接見受付時に少年との関係を確認され、
身分証明書等の提示が必要となりますので、
運転免許証などをご持参ください。

 

一般面会は10分ほどの時間だけとなりますが、
付添人(弁護士)の特別面会の場合、
時間制限がありませんので、
弁護士に依頼しすることで、弁護士を通じて
少年とのコミニュケーションを多くとることができます。

 

また、特別面会は弁護士と少年と
2人だけで話をすることができますので、
より深いやりとりをすることができ、今後の見通しを立てやすく、
少年の精神的負担も軽減し、
寛大な処分とするための対応につなげやすくなります。

 

少年鑑別所への差し入れ

差し入れについては、可能なもの不可能なものがありますが、
少年鑑別所内には、封筒、便箋、お菓子、
日用品などが販売されていますので、
現金を差し入れしてあげるのが一番無難でよいかと思います。

 

お子さんが少年事件を起こしてしまった場合

弁護士に相談することで、お子さんとのやりとりがスムーズにできたり、
今後の見通しについて知ることができるので、
親御さんの精神的負担の軽減にもつながります。

 

またお子さんの処遇についても
できるだけ寛大な処分につなげることができるかもしれません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク